映画|青天の霹靂の感想

映画

映画「青天の霹靂」を見たネタバレ感想記事です。

ベタな展開だけど笑えて涙する良い映画でした。

あらすじ

ひょっとしたら自分は特別ではないのかも…

自分は特別な存在だと思っていた晴夫(大泉洋)。四畳半のアパートでレトルトカレーを頬張りながら、TVで人気急上昇の後輩マジシャンを眺める日々。目を背け続けてきた現実に、“普通の日常”を手に入れることすら難しい、と気付き始めていた。

なんで俺なんか、生きてんだよ。

生まれてまもなく母に捨てられ、今では父とも絶縁状態。何をやっても上手くいかずに人生を諦めかけていた彼のもとに突然もたらされる父の訃報。自分の惨めさが溢れ出し、生きることの難しさを痛感する晴夫。
そこに青空から一筋の雷が放たれる!

お前ら二人でコンビを組めっつってんじゃねぇか。

そして晴夫は40年前の浅草にタイムスリップ。そこで、若き日の父(劇団ひとり)と母(柴咲コウ)に出会う。そして、ひょんなことから父とコンビを組み、一躍人気マジシャンになっていく。生まれて初めて味わう満たされた日々。全てが順調に思えた矢先、明らかになる母の妊娠。

10カ月後、生まれてくるのは・・・俺だ。

そして、ある決断を迫られることになる父。明らかになっていく家族の愛と想い。そして晴夫自身の出生の秘密。果たして彼と家族を待ち受ける思いもよらぬ真実と結末とは――

笑いと、たぶん一粒の涙の物語。

東宝オフィシャルサイトより

主人公の売れないマジシャン晴夫(大泉洋)が自分が産まれる前の父(劇団ひとり)と母(柴咲コウ)に会って成長する話です。

 

 

 

何をやってもうまくいかない晴夫。

後輩にも馬鹿にされて、住む場所はおんぼろアパート、出てくる言葉は言い訳ばかりと晴夫自身が嫌になるほどみじめな生活をしています。

そんな晴夫はある日突然自分が産まれる前の浅草にタイムスリップします。

 

ネタバレ感想

晴夫は幼い頃に父親・正太郎(劇団ひとり)にこう聞かされていました。

正太郎が外に女を作ったため母である悦子(柴咲コウ)は晴夫を産んですぐに出ていったと。

この話を聞いた晴夫は自分がろくてもない両親の元から産まれたと思って自分の人生にどこかあきらめを抱いていました。

こんな両親から自分は産まれたのだから自分の人生がうまくいかなくても仕方がないと思ったわけです。

 

しかし過去に戻った晴夫が見た真実は違いました。

 

実は晴夫の母悦子は晴夫を捨てて家を出ていってなどはいませんでした。

晴夫を産んだ際にそのまま亡くなっていたのです。

 

悦子は出産の前に倒れて入院をしておりこのまま晴夫を産むと悦子自身が命を落とす可能性があると医者から説明を受けていました。

医者からその説明を聞いても悦子の決意は固く晴夫を産まないという選択肢はありませんでした。

悦子の決意を正太郎づてに聞いた晴夫は動揺します。

自分の母親はろくでもない母親のはずだ、だから自分がこんなろくでもない人生を歩んでいるのだ、自分の命と引き換えに子供を産もうと思うような立派な人物が母親では自分の人生が惨めなこととつじつまが合わないと思います。

更にたたみかけるように真実は明らかになります。

父親の正太郎が外に女を作ったといったのは嘘でした。

正太郎は晴夫が悦子の命と引き換えに産まれたと聞いたらショックを受けると思い、自分が外に女を作って、だから悦子は出ていったと晴夫に嘘をついていたのでした。

また正太郎は大好きだったマジックを辞めて産まれてくる晴夫との時間を作るために融通の利くラブホテルの清掃員を仕事に選んだことを知ります。

晴夫が思っているようなろくでもない両親などどこにもおらず、晴夫のことを大事に思ってくれている立派な両親だったと知るのでした。

晴夫はこの二人の両親に恥じないように生きようと決意します。

 

最終的に過去の自分が産まれるタイミングで現代に帰ることにはなります。

結局、現代に戻っても状況は何も変わっておらず母の悦子が生きているということもありませんし、正太郎もホームレスのままでした。
※ただ晴夫は正太郎が亡くなったと思っていましたが実際は生きていました。

晴夫を取り巻く状況には何も変わりがありませんでしたが晴夫自身は変わりました。

ろくでもない両親から産まれたのではなく立派な両親から愛されて産まれてきたと知った晴夫は自分の人生に言い訳をすることをやめます。

ここら辺はさすが俳優だなと思ったのですが主演の大泉さんの演技力がさすがでした。

過去に戻る前の自信のない投げやりな晴夫と過去から戻ってきて生きる希望を取り戻した晴夫を表情一つで表現されていました。
※作中のマジックも相当練習されていたようで上手でした。

映画のラストシーンは晴夫が現代に戻る直前に正太郎に「ありがとう」とお礼をいうシーンで幕を閉じます。

 

管理人は晴夫と悦子が病室で二人で話すシーンで泣きました。

これから亡くなることをわかっている悦子が晴夫にお腹の子供はどんな子供になると思いますか尋ねるのですが、晴夫は実際に自分が産まれてから体験したことを悦子に話します。

このシーンがまるで一緒に過ごせなかった時を母子二人で取り戻しているかのようで涙しました。

悦子はきっと晴夫が未来の息子であることを気づいていたように思います。

 

総じて大変楽しめる映画でしたので未視聴の方はぜひご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました