クレジットカードのメリットを改めて考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段何気なく使われるクレジットカード。

管理人も基本的に支払はクレジットカードで済ますようにしています。

今回はクレジットカードを使用して買い物をすることのメリットを改めて考えてみます。

クレジットカードを使う人が多いということはそれだけ利用するメリットが大きいということです。

 

クレジットカードを利用するメリット

クレジットカードの主なメリットは2つあります。

 

①金利を支払わずに一時的にお金を借りられること

クレジットカードは利用するとすぐに口座からお金が引き落とされるわけではありません。

例えば楽天カードの場合、毎月1日~月末までに利用した分が翌月27日に口座から引き落とされます。

3月1日に楽天カードで10万円買い物をした場合、自分の口座から実際に10万円のお金が減るのは4月27日です。

実に2ヶ月近くもの間、支払が猶予されるのです。

しかも金利はかかりません。

つまり3月1日から4月27日までの間、無利息で10万円を貸してもらえるというわけです。

 

これは使わないと損ですね。

 

②ポイントが貯まる

クレジットカードは使えば使うほどポイントが貯まります。

大体還元率が1%なので、1万円の買い物をすると100円のポイントが貯まります。

このポイントは様々な特典と交換できます。

 

クレジットカードを利用する際の注意点

現金にはるかにお得な支払手段と言えるクレジットカード。

唯一使用に際して気をつけなければならないのがカードの使いすぎです。

クレジットカードを使うと手持ちの現金がなくても欲しいものを買えてしまうため、ついつい自分の収入以上の買い物をしてしまうこともあります。

そして引き落とし日になって口座残高がなくて引き落としができないということに気付くのです。

口座から引き落としが出来ないとクレジットカード会社に遅延利息を取られてしまいますので口座残高には注意しましょう。

 

また、よくCMで見かけるリボ払いにも注意が必要です。

クレジットカード会社への毎月の支払額が一定金額になる代わりに、クレジットカード会社に利息を払うことになるので、とてもお得とは言えません。

リボ払いはよほどのことがない限りやめましょう。

 

クレジットカードを使うコストが誰が負担しているのか?

我々利用者にとって便利なクレジットカード。

非常に便利にも関わらず、年会費が無料なカードも多くクレジットカード会社がどうやって儲けているのか一見疑問に思う人もいるようです。

 

実はお店がクレジットカード会社に手数料を支払っています。

 

お客さんがクレジットカードで支払うと、クレジットカード会社からお店に売上代金が振り込まれますが、その際に手数料が引かれて振り込まれます。

お店側からしたらクレジットカードでお客さんが支払うとクレジットカード会社から手数料を引かれる分だけ現金支払と比べて損をしてしまいます。

それでもお店がクレジットカード払いをOKにしているのはクレジットカード会社に手数料を支払うデメリットよりも、クレジットカード払いをOKにすることによりお客さんが増えるメリットの方が大きいと考えているからです。

 

まとめ

普段考えないクレジットカードのメリットと仕組みを記載してみました。

クレジットカードを上手に使ってお得に生活しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加