懐かしくて面白いオススメの旧ドラえもん映画ランキング10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旧ドラえもんの映画を管理人の独断でランク付けしてみました。

要は好きな旧ドラえもん映画ランキングです。

好きな映画TOP10

新しいドラえもんも面白いと思いますが、やはり子供時代に旧ドラ世代だった管理人はそちらの方がなじみ深い。

今回は思い出補正もがっつり加味されている旧ドラえもん映画ランキングをご紹介します(基本どの映画も好きですが)。

 

10位:ドラえもんのび太のパラレル西遊記

西遊記ゲームの中の敵キャラが現実世界に出てくるという実際にあったら恐ろしい話。

でもこのゲームあったらやってみたい。絶対面白いと思う。

 

個人的にはママが妖怪になっていたのが怖かったな。。

 

9位:ドラえもんのび太と鉄人兵団

リルルの話。

しずかちゃんやのび太とのコミュニケーションを通じて、人間の心を徐々に理解していくリルル。

 

最後はしずかちゃんやのび太達、人間のために過去に戻り自分が消えてしまうのも承知で最初のロボットに人間の心を植え付けるのでした。

 

エンディングで生まれ変わったリルルがのび太たちに会いに来るラストは素敵でした。

 

8位:ドラえもんのび太の魔界大冒険

ドラえもんの中で一番怖かった映画。

その理由はもちろんメデューサです。

 

冒頭で出てきたドラえもんとのび太の石像が実は後にメデューサに石にされた自分達だったというのは良くできているなぁと子供ながらに思いました。

 

もしもボックスって使い方間違えるととんでもないことになるよね。

 

7位:ドラえもんのび太の海底鬼岩城

バギーちゃん頑張った。

 

序盤は口うるさい車だと思っていただけ。

 

しずかちゃんを守るために自分の意志でポケットから飛び出し敵の親玉ポセイドンに突撃しました(ポケットから勝手に出れるんですよね)。

誰かの犠牲と引き換えに敵を倒したのはこの作品が初めてではないでしょうか(リルルも生まれ変わったし)。

 

6位:ドラえもんのび太のドラビアンナイト

絵本の中に入れる絵本入り込み靴で遊んでいたのび太たち。

当然いつも通りトラブルが起きてしずかちゃんが絵本の中に閉じこめられます。

 

ドラえもん映画は基本的にドラえもんが出した道具のトラブルで始まることが多いです。

 

絵本の世界と現実世界の過去がリンクしているとわかったため早速しずかちゃんを助けるために過去に向かうのでした。

 

何をどうというわけではないですが、世界観が好きでした。

 

ミクジン生意気だけどいいやつだったよ。

 

5位:ドラえもんのび太の宇宙小戦争

あー僕はどうして大人になるんだろうの「少年期」で有名なこの作品。

あの曲はドラえもん映画関係なしに名曲だと思います。

 

今思えばパピ君10歳で大統領って凄まじすぎです。

優秀なだけでなく政治力もあるんだろうか。

 

ちなみにドラコルル長官はのび太達の強力な戦車をしっかり分析したりと敵ながら結構優秀でした。

 

映画と言えばジャイアンの見せ場が多いのが特徴ですが、この作品はスネ夫も活躍するのでスネ夫ファン必見。

 

 

4位:ドラえもんのび太と夢幻三剣士

あまりにも現実世界でいいことがないのび太がせめて夢の中だけはいい思いをしたいと、気ままに夢見る機(確かこんな名前)で夢幻三剣士の世界を旅します。

夢幻三剣士の世界ではオドロームの侵略に人々は怯えています。

白銀の剣士となったのび太一行がオドロームを倒すために旅に出るのでます。

 

竜のだし汁につかると一度生き返れるという設定はいいですね。

ここでだし汁につかってなかったらのび太達はオドロームにやられていたわけですし。

 

途中夢の世界と現実の世界が入れ替わるというハプニングもあり単なる夢ではないというところも物語に緊張感を持たせていました。

 

3位:ドラえもんのび太とブリキの迷宮

ブリキの迷宮の入り口のしゃべる扉はとりあえず怖い。

 

ナポギストラーの拷問にやられて海でスクラップにされたドラえもんが、動けない体でもう一度のび太に会いたいと思うシーンは悲しかった。

ドラえもんが最後に会いたい人物はやっぱりのび太なんだなと。

のび太がスペアポケットを通じてドラえもんを助けにいく流れも好きです。

 

映画の序盤、道具に頼りきったのび太にドラえもんが言った一言「機械にばかり頼っていると自分の力じゃ何にも出来ない人間になっちゃうよ」は今でも管理人の心に残っています。

映画の舞台となるチャモチャ星の人々はまさしく機械に頼りきり自分の力ではあるくことも出来ずに最終的には機械に住処を乗っ取られました。

 

なおエンディングで、自分で歩けなかったサピオ君が体力を取り戻してブリキンやタップと一緒に走っているシーンはぐっときます。

 

2位:のび太の結婚前夜

長編作品ではないですが非常に好きな作品です。

 

大人になったのび太達を見るのはとても感慨深いものがあります。

子供のころこの映画を見てのび太のように自分もいずれ大人になって結婚するのかなと嬉しくも寂しい気持ちになった気がします。

 

・のび太とジャイアンの関係性の変化

個人的に好きなのは結婚前夜にのび太、ジャイアン、スネ夫、出木杉の4人でジャイアンの家で飲むシーンがあります。

飲んでいる最中にジャイアンがいつものように音痴な歌を大声で披露するのですが、そこでのび太が「やめろーへたくそ!」と楽しそうにふざけて言うのです。

これって小学生の時の関係性では考えられませんよ。ジャイアンが怖くてとてもそんなことは言えなかったはずです。

それが大人になった今ではお互いそんなことを笑いながら言える関係性に変わっている。

このセリフだけでジャイアンとのび太の関係が対等になり良い友情関係を築いていることがわかります。

 

 

・エンディング

二人の結婚式の様子が「幸せのドア」という曲とともに流れます。

結婚式に参加したのび太の両親、しずかちゃんの両親、ジャイアン、スネ夫、出木杉がいい表情で出てきます。

あののび太がこんなに立派になってしずかちゃんと結婚するってだけで何か嬉しくなる話でした。

 

結婚する時代にはドラえもんはいなかったけどドラえもんはいつ未来の世界に帰ったのだろうか。

 

1位:ドラえもんのび太と雲の王国

管理人が最初に映画館で見た映画です。

よって思い出補正もたっぷり入っていると思います。

 

・メッセージ

天上人が地球環境を汚す地上人(のび太達)を洗い流すしてしまうというノア計画。

環境破壊を繰り返す現代人への警鐘でもあります。

 

・感動ポイント

キー坊の再登場です。

ドラえもんが自らを犠牲にして天上人たちを守ったものの故障(?)してしまい動かなくなりました。

そこをかつてのび太とドラえもんに命を吹き込んで育ててもらったキー坊が出てきて、ドラえもんを不思議な力で直します(キー坊すごい)。

更に植物星で大使閣下になったキー坊が天上人を説得してノア計画を中止させます。

ドラえもんが助けてくれたキー坊に対して「キー坊ありがとう」、と言いかけるのですが今のキー坊の大使閣下という立場を思い出し、「植物星大使閣下ありがとう」と言い直します。

それに対してキー坊の返答が「キー坊のままでいいんです」これ泣きました。

何かドラえもんやのび太との思い出をとても大事にしている気がします。

 

 

・主題歌

「 雲がゆくのは…」は本当いい曲です。武田鉄矢さんの声がしみわたります。

 

 

以上、旧ドラえもん映画ランキングでした。

旧ドラえもん主題歌ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加