【写真付きレビュー】東京あそびマーレ|体験記事

レジャー体験

東京都の八王子市にある室内遊園地「東京あそびマーレ」の体験レビュー記事です。

混雑具合、アトラクションの内容、料金について記載していきます。

管理人が一日遊んだ感触としては幼稚園児位から小学校低学年くらいの子供たちにおすすめ出来る施設です。

一方で小学校高学年だとアトラクション的に少し物足りなく感じるかもしれません。

それでは早速内容を見ていきましょう。

アトラクション

数多くのアトラクションがあるので全てを紹介することは難しいです。

なのでメインのアトラクションだけの紹介になるのであしからず。

あそびマーレ内にある鏡を使った迷路です。小さい子供用で難しいものではありません。幼稚園児が所見で入っても数分かからずに抜けられます。ただし、走り回ると鏡にぶつかる場合があるのでそこだけは注意。

ボールプールや滑り台のあるエリア。他にもブロック遊び、ターザンロープ、プラレール等々色々な遊具が広がっています。このエリアは靴を脱いで遊ぶエリアになります。小さな子供が楽しめるエリアと言えるでしょう。

乗り物エリアです。時間制で交代で混んでいる時は順番待ちです。ただし管理人が滞在した時はそんなに込んでいなくてフリーパスで乗れるか、一回待てば順番が回ってくるといった感じでした。

スノータウンのエリア。中は少し寒い程度。管理人は半そで半ズボンでも耐えられました。寒がりな方は上着をあらかじめ用意しておくとよいでしょう。なお長靴は無料で貸してもらえます。

スノータウンで無料貸し出ししているおもちゃ。みんなおもちゃを使って雪遊びをしていました。なお雪質はふわふわではなくどちらかというと氷に近い感じです。 また他にもそり遊びが出来るエリア(そりは貸してもらえます)があります。雪遊びエリアとそり遊びエリアを使い分けて楽しみましょう。

料金システム

さてお次は気になる料金システムです。

平日一人 :1,200円
休日一人 :1,500円
※1歳以下の子どもは無料

となります。1歳以上は大人も子供も料金は変わりませんね。なお子供だけの入場は不可のようです。

この料金を見ると他の室内遊園地と比べてそこまで高い感じはしませんが、一点注意が必要です。

それは室内のアトラクションに有料なものがあるということです。

ゲームセンター系、乗り物系は1回100円と有料なものが多かったです。

子どもが有料のアトラクションにはまってしまうと思った以上にお金がかかってしまうかもしれないので注意してください。

また割引券が使える場合もあるので来場前はネットで確認してから行くことをおすすめしますよ。

なお管理人はこちらの割引を使用しました。

・いこーよ
https://iko-yo.net/facilities/104493/coupon

混雑具合

気になる混雑具合について言及します。

管理人は子供たちが夏休みに入った7月の土曜日に行ったのですが、思った程混んでいないなというのが率直な感想でした。

少なくとも人が並びすぎて諦めたくなるようなアトラクションはありませんでした。

あまり人がいないところで子供を遊ばせたいという人にはオススメ出来ると思います。

幼稚園児位の小さな子供であればほぼ丸一日ここで遊べますよ。

また気になるランチ事情ですが主に2つのグループに分かれます。

①あそびマーレ内のフードコードを利用するグループ
あそびマーレ内にはフードコートが用意されているのでそちらを活用する方法です。
メニューはそれほど多くありませんが牛丼や焼きそば、ナゲットやポテト等が用意されていました。

②お弁当の持ち込み、他のお店からテイクアウトしてあそびマーレ内に持ち込みグループ
遊びマーレではお弁当や食事の持ち込みが珍しく禁止されていません。

そのためお弁当を持ってきている方や、近くのマクドナルドでテイクアウトして持ち込んでいる方が数多くいました。
※結構マック比率高かった気がします。

一度入ってからの再入場も可能なので、お昼になったらあそびマーレから出てマックでテイクアウトしてまた戻ってくるということも可能です。

感想

何度も書きますが幼稚園児位の小さな子供には間違いなくオススメ出来る施設です。丸一日遊べます。

一方小学校高学年くらいの子どもにはアトラクション的にちょっと物足りない施設と言えるでしょう。

幼稚園児がいらっしゃるご家庭はぜひ検討してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました