【ネタバレ解説】金田一少年の事件簿|ファイル3 雪夜叉伝説殺人事件

漫画

金田一少年の事件簿の事件の一つ「ファイル3 雪夜叉伝説殺人事件」のネタバレ解説記事です。

 

以降はネタバレを含みますのでご留意ください。

ネタバレ解説

被害者の人数:4人

怪人名   :雪夜叉

ストーリー :★★★★

犯行トリック:★★★★★

動機の同情度:★★★★

管理人満足度:★★★★

演劇部のOBに背氷村で行われるドッキリTVへの出演を頼まれた美雪。

しかし美雪は発熱により行けなくなってしまい、代わりに金田一がドッキリTV企画に参加することになる。

更にそこにはドッキリTVの警察役として明智警視や剣持警部も参加する。

また速水玲香も女優として初登場する。

ドッキリTVは予定通りに進むかに思われたが女優の加納りえが背氷村に伝わる雪夜叉伝説に登場する雪夜叉に殺害されるのであった。

登場人物

本事件の登場人物です。

・金田一 一(17歳)

高校2年生。
名探偵金田一耕助の孫で普段は落第すれすれだが実はIQ180の天才。

美雪の代わりにドッキリTVに参加することになり事件に巻き込まれる。

これから長い付き合いとなる明智警視&速水玲香とファーストコンタクトのなるのが今回。

 

・七瀬 美雪(17歳)

高校2年生
金田一の幼馴染で優等生。
事件に遭遇した時は金田一の助手としてサポートする。

TV局に就職した演劇部のOBに頼まれてドッキリTVに参加するはずであったが、前日に熱を出して金田一に代役を依頼した。

実際に現場にはいなかったものの金田一から頼まれた調査を遠隔地でこなして貢献した。

 

・速水 玲香(17歳)

アイドル歌手。

ここから準レギュラーとして金田一少年の事件簿を盛り立ててくれる。

明智警視により一時は犯人にされかけたが、金田一により救われる。

助けてもらったことで金田一に恋心を抱くようになる。

事件が解決した後は金田一に本命チョコを渡している(チョコには送り主のイニシャルしか書かれていないため金田一はおそらく送り主が誰か気がついていない)。

 

・綾辻 真理奈(20歳)

事件の犯人

タイムキーパー(映画やTVなどで映画を記録し管理する係)。

犯行動機は10年前の飛行機墜落事件にある。

両親と一緒に飛行機に乗っていた真理奈は墜落事故にあってしまう。

一命をとりとめた真理奈はがれきの山の中でなんとか母親を見つけ出すものの母親の身体が機体にはさまれて抜け出すことが出来ない状態であった。

そんな中に現れたのが取材にきた加納、明石、比留田、水沼の4人であった。

真理奈は4人に助けを求めるが、4人は資産家である氷室画伯が死亡しているのを見つけて、何とか氷室になりすます方法がないか思案しており、真理奈の話を無視してしまった。

誰の助けも得られなかった真理奈は母親を助けることが出来ず、結局母親はくずれた機体に挟まれて亡くなってしまった。

真理奈はその時からその4人を殺害することを目標に生きることを決意し、今回の事件に発展したのであった。

 

・加納 りえ

事件の第2の被害者

女優。

今回のドッキリTVの企画に騙され役として参加。
※ただし加納はドッキリTVであることには気が付いていた。

10年前の飛行機墜落事件を取材したうちの一人。

雪夜叉に変装した真理奈に斧で殺害される。

 

・明石 道夫(32歳)

事件の第1の被害者

ドッキリTVのカメラ係。

金遣いが荒く仕事もいい加減。

10年前の飛行機墜落事件を取材したうちの一人。

メイントリックである氷の橋をたまたま目撃してしまったことで一番最初に殺害されることになった。

ダイイングメッセージとして氷の橋を作るのに使用した飼い葉を握りしめた。

 

・比留田 雅志

事件の第3の被害者

今回のドッキリTVのディレクター。

10年前の飛行機墜落事件を取材したうちの一人。

一人で部屋にいるところを雪夜叉に変装した真理奈に殺害された。

 

・氷室画伯(水沼)

事件の第4の被害者

本物の氷室画伯は10年前の飛行機墜落事件で死亡している。

飛行機墜落事件の取材に来た比留田、明石、加納、水沼の4人は氷室画伯の死体を発見する。

死体を見た4人は人嫌いで顔が知られていない氷室画伯になりかわり莫大な資産を奪い取る計画を立てた。

その計画を実行するためメンバーの中で天涯孤独であった水沼が氷室画伯に成りすますことになる。

水沼は他の3人に資産を分けつつ自分も自由に資産を使い豪遊生活を楽しんでいた。

 

しかし悪事は続かず今回の事件で綾辻真理奈に犯人に仕立て上げられた上で自殺に見せかけて殺害されることになる。

 

・響 史郎

ドッキリTVの音響係。

事件とは無関係な人物。

 

・大門 優作(35歳)

アクション俳優として活躍する二枚目スター。

今回のドッキリTVの企画に玲香と加納りえを騙す側として参加。

事件とは無関係。

 

・棟方 ケン(21歳)

オネエタレント。

今回のドッキリTVの企画に玲香と加納りえを騙す側として参加。

事件とは無関係。

 

・明智警視

初登場。

以降は準主役級の扱いとなる。

ドッキリTVの撮影にも乗り気で協力している。

初登場時は現在と違いかなり嫌味な性格が強調して描かれていた。

また自慢の推理力も金田一の引き立て役という扱いで、全く無関係の速水玲香を疑ったり、氷室画伯(水沼)を犯人であると断定したり散々な始末であった。

 

・剣持警部

今回はドッキリTVの中で起きる殺人事件を捜査する警察として登場。

明智警視の命令でしぶしぶ連れてこられたため全く乗り気ではない。

 

本当の殺人事件が起きてからは明智警視と方針の違いから対立する。

その結果、剣持警部&金田一VS明智警視で推理対決が行われることになる。

明智警視が氷室画伯(水沼)が犯人であると結論づけたが、金田一はそれは真犯人のミスリードであることを指摘し、綾辻真理奈が真犯人であることを見抜いたため推理対決は剣持警部&金田一に軍配が上がった。

事件の内容

一連の事件の犯人はテレビスタッフの一人である綾辻真理奈。

 

犯行動機は下記。

全ては10年前の飛行機墜落事件から始まった。

当時親子3人で飛行機に乗っていた真理奈は墜落事件にあってしまう。

真理奈は何とか一命をとりとめて、飛行機の残骸が散らばる中で機体にはさまった母親を見つける。

真理奈は何とか助けようとするが機体は全く動かず、どうしようもない状況であった。

そこに墜落した飛行機の取材に比留田、明石、加納りえ、水沼の4人が現れる。

真理奈は4人に救いを求めるも全く聞き入れてもらなかった。

なぜなら4人は墜落事故で死亡した氷室画伯になりすまし資産を奪い取ろうと画策することに夢中であったからだ。

誰にも助けてもらえなかった真理奈の母親はそのまま機体が崩れて亡くなってしまう。

母親を助けられなかったのは4人に責任があると考えた真理奈は必ず復讐することを誓うのであった。

メイントリック

本作のメイントリックはアクロバティックな氷の橋を利用した移動トリックです。

氷室邸の本館から別館までは谷川をはさんでいるため車で20分かかります。

加納りえが殺害された時に真理奈は本館を出てから5分しか経っておらず、別館に移動するのは無理だと考えられました。

しかし真理奈はロープと飼い葉と水、更にマイナス20度という特殊な状況を使うことで氷の橋(すがばし)を作り、その氷の橋を車ごと渡ることで本館から別館までの移動を5分で行いました。

最初このトリックを見たときは驚くと同時に車が通っても大丈夫なくらい丈夫な橋がそんなに簡単に作れるのか?と大いに疑問をもったものです。

色々と気になって調べてみたところ実際に氷橋は第二次世界大戦後くらいまで北海道で作られていたようです。

本当に車が通れる強度があるのかはわかりませんが全くありえない話ではないようです。

加納りえ 殺人事件|移動時間短縮トリック

上述のとおり氷の橋を使って移動するというかなりアクロバティックなトリックでした。

決してけなしているわけではなく管理人としてはすごく好きな話です。
※基本的に初期の金田一シリーズはみんな好きですが。

氷室画伯(水沼) 殺人事件|密室トリック

正直トリックと言えるレベルの話ではないのですが一応解説します。

氷室画伯(水沼)は自室で遺書を書いて死亡していました。

部屋には鍵がかかっており、また鍵も部屋の中にあったため他殺ではないと判断されたのです。

しかし実は鍵は犯人である真理奈が持っていて、部屋のドアをぶちやぶった際にこっそりと鍵を部屋のじゅうたんの上に投げ捨てておいて密室に見せかけただけでした。

 

管理人コメント

記念すべき明智警視と速水玲香の初登場の回です。

速水玲香が金田一に好意を抱いた理由(明智に犯人と指摘されたのを金田一がかばった)や、明智警視の引き立て役の姿も見れたりと楽しめる事件簿になっています。

またなんといっても氷の橋という奇抜なトリックはわくわくされてくれるものでした。

 

子供の頃に見た管理人としては「オペラ座の怪人」「放課後の魔術師」「雪夜叉」はトラウマものの怖さです(笑)

 

タイトルとURLをコピーしました