【ネタバレ解説】金田一少年の事件簿|ファイル5 秘宝島殺人事件

漫画

金田一少年の事件簿の事件の一つ「ファイル5 秘宝島殺人事件」のネタバレ解説記事です。

 

以降はネタバレを含みますのでご留意ください。

ネタバレ解説

被害者の人数:5人

怪人名   :招かれざる客

ストーリー :★★★★

犯行トリック:★★★★★

動機の同情度:★★★

管理人満足度:★★★★★

母親から金田一家の家計が危ないと脅された金田一は財宝目当てに美雪とともに宝探しツアーに応募することになる。

宝探しツアーは応募者が多数であったため試験が行われるが金田一は難なく合格する。

美雪は不合格となるが金田一の母の提案で妹と偽りついていくことにする。

九州の近くにある孤島「秘宝島」に到着した金田一たちであったが、宝探しツアーを企画した美作オーナーが死体となって発見される。

外部と隔離された孤島で連続殺人事件が幕を開ける。

 

 

登場人物

本事件の登場人物です。

 

・金田一 一(17歳)

高校2年生。

名探偵金田一耕助の孫で普段は落第すれすれだが実はIQ180の天才。

金田一家の家計が危ないと母親から告げられた金田一は「宝探しツアー」に応募することにする。

参加資格が与えられたものが財宝を見つけ出した場合は財宝の10分の1がもらえるからだ(財宝の10分の1でも2億円がもらえる)。

宝探しツアーの試験に難なく合格した金田一は秘宝島での財宝探しに参加することになる。

 

 

・七瀬 美雪(17歳)

高校2年生
金田一の幼馴染で優等生。
事件に遭遇した時は金田一の助手としてサポートする。

金田一と同じく宝探しツアーに応募するが試験結果は不合格となる。

しかし金田一の母は宝探しツアーには美雪がいた方が安心だと考えて、美雪に妹と偽ってついていくことを提案する。

美雪もその提案に乗り、金田一とともに秘宝島に向かう。

 

・佐伯 航一郎(13歳)

事件の犯人

美作大介の娘である美作碧になりすまし次々と犯行を重ねていった。

13歳の少年だが、3歳のころより難しい専門書を読んだり外国語を操ったりと天才的な頭脳の持ち主である。

母親が女優であったため美しい顔立ちをしており、そのルックスを生かして美作碧に女装するという今回のトリックを思いついた。

しかし最後はトイレの中フタを上げていたことから男であることを金田一に見破られて謎をすべて解かれる。

 

・美作大介

事件の第1の被害者

10年前の財宝調査メンバーの一人。

秘宝島の財宝にとりつかれた男。

不動産業を営んでおり秘宝島のオーナー。

財宝を見つけるため、秘宝島で自給自足できるように鳥を飼い、野菜を作り牧場まで作った。

金田一たちが秘宝島に来る1週間前に航一郎に殺害されている。

 

・柿本 麻人(43歳)

事件の第2の被害者

10年前の財宝調査メンバーの一人。

トレジャーハンター。

秘宝島の宝のありかに航一郎の誘導で気が付いて宝を探しにいったところ航一郎に殺害された。

なおコテージ内には盗聴器が仕掛けられており、柿本の様子はすべて航一郎に筒抜けであった。

 

・八十島 隆造(52歳)

事件の第3の被害者

10年前の財宝調査メンバーの一人。

柿本と同じように航一郎の誘導で宝のありかに気が付いて、宝を探しにいったところを航一郎に殺害された。

ほとんど見せ場がない人物。

 

・火村 康平

事件の第4の被害者

都内で整形外科医をしている。

検死を行わせるために航一郎に宝探しツアーのメンバーに選ばれた。

航一郎が女装する際の着替えをたまたま目撃してしまったため殺害された。

復讐とは関係なく殺害された最も不運な人物。

 

・矢荻 久義(42歳)

事件の第5の被害者

10年前の財宝調査メンバーの一人。

柿本、八十島と同じように航一郎の誘導で宝のありかに気が付いて、宝を探しにいったところを航一郎に殺害された。

 

・岩田 英作(65歳)

今回の宝探しツアーの執事を務める。

普段は丁寧な態度でメンバーに接していたが、宝が見つかったとたん本性を現し持っていた銃で他のメンバーを皆殺しにしようとする。

しかしもともと岩田を追って財宝ツアーに参加していた茅が岩田を止める。
※岩田は世田谷区で保険金殺人を犯していたため警察に追われていた。

最終的には財宝がある洞窟を支えていた山童像の下敷きになり死亡する。

 

・茅 杏子

警察。

世田谷区で保険金殺人を犯した岩田を追って宝探しツアーに潜りこんでいた。

本性を現した岩田を持っていた銃で撃ち制止した。

 

 

・クリス アインシュタイン(13歳)

事件の犯人役として航一郎に選ばれた。

クリス本人曰くソロモン王の末裔であり先祖が残した財産を探すために日本に来たとのこと。

IQ180の天才児であり、コロンビア大学の博士号を取得している。

探偵役として邪魔な金田一を亡き者にしようとした。

 

・美作 碧

秘宝島のオーナーである美作大介の一人娘。

アメリカで航一郎と再会し、お互い孤独を抱えた似た者同士の境遇であることに共感を覚えて仲を深める。

父の大介が秘宝島の財宝に取りつかれて自分を捨てたことを恨んでいる。

数年ぶりに父から届いた手紙の内容が宝探しツアーの手伝いであったことに、自分は父にとって何なのかとショックを受けて自殺する。

 

・佐伯 京助

大学教授であり、佐伯航一郎の父親。

10年前に死亡している。

秘宝島の財宝伝説を調べていた佐伯教授はたまたま財宝のありかを突き止める。

財宝が人の手に渡ると心を狂わせると考えた佐伯教授は財宝を国に寄付することに決める。

しかしそのことに納得できない美作大介、柿本、八十島、矢荻の4人は佐伯教授に財宝のありかはどこかと詰問する。

4人につめよられた佐伯教授は崖から落ちて転落死してしまう。

その時の様子を見ていた3歳の航一郎は4人に復讐を決意したのであった。

 

・剣持警部

事件のラストに航一郎を連行する際に登場。

なぜ警視庁の警部が九州まできたのかは不明。

 

 

事件の内容

一連の事件の犯人は13歳の少年である佐伯航一郎。

動機は秘宝島の財宝が原因で死亡してしまった父佐伯京助と恋人美作碧の復讐。

 

10年前に秘宝島の財宝伝説を調べていた佐伯京助。

その調査メンバーには美作大介、柿本、八十島、矢荻の4人も含まれていた。

 

佐伯京助と息子の航一郎はたまたま満潮の時間に宝の隠し場所のそばを通ったことで財宝を発見する。
※財宝の隠し場所である洞窟の入り口は満潮の時にのみ開く仕組み。

財宝の魔力で人の心が狂ってしまうことを恐れた京助は全ての財宝を国に寄付することに決める。

しかしそのことに納得しなかった美作大介、柿本、八十島、矢荻の4人は京助に財宝のありかはどこかとつめよる。

そしてその結果京助は崖から落ちて死亡してしまう。
※3歳の航一郎はその光景を目撃している。

母親も他界しており身寄りがなかった航一郎はアメリカに住む伯父に引き取られる。

しかし伯父は母親に似て美しく成長した航一郎に女装をさせて性的嫌がらせを行った。

そのことに嫌気がさした航一郎は伯父を刺し殺して家を飛び出す。

その後、13歳の時にアメリカに留学していた美作碧と偶然再会する。

自分の父を殺した美作大介の娘ということで碧を憎んでいた航一郎だが、碧も財宝に取りつかれた父大介のせいで孤独を感じていることを知った航一郎はだんだん碧に心を許していく。

そして二人は恋仲に発展する。

しかしある日、碧は突然自殺してしまう。

原因は父の大介からの碧への手紙だ。

その手紙には秘宝島の宝探しツアーを行うことになったため、その手伝いをしろと書かれていた。

父にとっての自分は何なのかと感じた碧は父への復讐で自殺したのだ。

碧の死がきっかけとなり美作大介、柿本、八十島、矢荻の4人に復讐することを決意した航一郎。

まずは島のオーナーの美作大介を殺害する。

そして秘宝島での事件を完璧なものにするべく、美作大介が募集した財宝ツアーのメンバーの中から、探偵役に金田一、犯人役にクリス、検死役に火村を選んだ。

更にターゲットとなる柿本、八十島、矢荻の3人を呼び寄せて連続殺人を行ったのであった。

 

航一郎の思惑どおりいくかと思われたが金田一にトイレの中フタを上げていたことで男であることを見破られて謎を解かれる。

 

そして財宝が隠されている洞窟の中に生き埋めになるが金田一に助けられる。
※航一郎は金田一のおかげで改心したようにも見える。

メイントリック

本作のメイントリックは犯行場所を誤認させるトリックです。

犯人である航一郎は犯行現場は被害者のコテージであると思わせました。

そうすることで犯行時刻に被害者のコテージから離れたログハウスにいた航一郎には犯行は無理だと思わせるのが狙いです。

しかし実際の犯行場所は宝が隠されている洞窟の入り口でした。

被害者たちに宝のありかを知らせるアイテム(具体的には鳥居の破片)を見せて宝が隠されている洞窟に被害者たちをおびき寄せていたのです。

宝が隠されている洞窟の入り口は満潮の時間しか開かないので、犯人である航一郎には被害者たちがいつ洞窟の入り口に来るかもわかるので、その時間になったらログハウスから少し抜け出して犯行を重ねていました。
※ログハウスと宝がある洞窟の入り口は目と鼻の先です。

犯行トリック

航一郎が行った犯行トリックをQ&A方式でまとめてみたいと思います。

Q1 柿本のコテージが血まみれになっていたのはなぜか?

航一郎が柿本を殺害したのは宝の隠し場所である洞窟の入り口であった。

では柿本のコテージはなぜ血まみれになっていたのか。

 

それは航一郎が秘宝島で飼っているニワトリを殺して、その血をコテージに塗っておいて柿本の血に見せかけたからである。

なお殺したニワトリは朝食に出してメンバーに食べさせることで証拠隠滅を図っている。

 

Q2 八十島のコテージを燃やしたのはなぜか?

八十島のコテージを燃やした理由は表向きは山童伝説になぞらえて焼き払ったことになっているが、本当の理由は八十島のコテージに隣接する柿本のコテージを焼き払うことであった。

なぜなら柿本殺害時の犯行現場を柿本のコテージだと思わせるためにニワトリの血を柿本のコテージに塗り付けていた。

後から警察に調べられれば柿本のコテージの血は柿本のものではないとわかってしまい、犯行現場があやふやになり航一郎のアリバイが崩れる可能性がある。

そのために八十島のコテージを燃やすという口実で隣にある柿本のコテージを燃やしたのであった。

Q3 航一郎が描いた事件のシナリオはどういうものであったのか?

結局航一郎のトリックは金田一に全て暴かれたが、もし金田一がトリックを解かなければどのような結果になっていたのか。

航一郎のシナリオではクリスを犯人にする予定であった。

そのための布石とし、クリスに送った招待状のみ他のメンバーに送ったものと変えてあった。

招待状が違うことを根拠にクリスは本来招かれていないメンバーであることを明らかにし、誰かにクリスを殺害させる、または自殺に見せかけてクリスを殺害する方法を考えていた。

 

管理人コメント

金田一自身が「恐ろしいほど頭のいい奴だったよ 俺がこの事件の謎を解けたのは運が良かっただけさ」と語っている通り、金田一史上最強クラスの犯人でした。

管理人としてはトップクラスに好きな事件です。

タイトルとURLをコピーしました