ネタバレ感想|プレイボール2<3巻>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレイボール2の3巻のネタバレ感想です。

前回の続き

波国との練習試合も終盤の9回の裏を迎えた。アップ不足の井口が登板するが先頭バッターにホームランを打たれてしまう。相手監督の了承を経て再度アップをさせてもらった井口。エンジンがかかったのか次のバッターを三球三振にとる。

ネタバレ

井口はその後の2人も三振に取り、墨高VS波国は7対7の引き分けで終わる。

 

次の師岡学園戦は5対4で墨高が勝利。この試合のピッチャー陣は下記。

1回~4回:井口が0点に抑える。
5回~6回:イガラシが2失点
7回~8回:松川が2失点
9回   :谷口が0点に抑える。

ここでも井口が活躍。中学で無双していたイガラシはここでもピリッとしない結果に。

強豪相手にいい勝負をした噂が広まり地方から東京に遠征にくる他の強豪チームと練習試合のカードを組むことが可能になった墨高。夏の予選に向けてさらにレベルを上げる。

ピッチャー陣

墨高は谷口、松川、イガラシ、井口の4人の継投で勝ち抜いていく方針。一人一人の力は強豪校のピッチャーに及ばないが力を合わせることで乗り切っていくようだ。

この中で一番能力が高いのが井口。恵まれた体を活かした速球と重いボールでバッター抑える。

松川も体が大きく重い球という評価。しかしそれほどスピードはなさそう。いつもぽろぽろと失点する。

イガラシは一番小さいが球速はある。しかし体が小さいため球質が軽く金属バットでミートされると力負けしてヒットにされることが多い。

谷口も小柄でスピードも井口やイガラシよりないが、コントロールと投球術を駆使してなんだかんだで無失点で切り抜ける術を持っている。

夏の予選組み合わせ

いよいよ始まる夏の予選。運命の抽選に向かうのはなぜか丸井と半田のコンビ。前回の大会でベスト8に入った墨高は今回はシード。

ちなみにシード校は谷原、師岡学園、川北、町屋高校、砂川学園、專修館、明善、墨高の8チーム。本家プレイボールで出てきた谷原、川北、專修館、明善に加えて新たなライバルとして師岡学園、町屋高校、砂川学園が追加されている。

くじを引くのは丸井。運が悪いのか死のBブロックに入ることに。順当に行くと初戦が東実で次は聖陵、大島、川北、谷原、明善と思われる。全て本家プレイボールに出てきた高校なので昔からのファンも楽しめそう。

どこまで勝ち進むのか墨高ナイン。

東実戦開始

いよいよ始まる東実戦。ちなみに前回の対戦では墨高が1対0で勝利している。また前回秘密兵器として1回途中から登板した佐野は今回はエースナンバーで先発。

1回の攻防

先行は墨高。丸井がキャッチャーフライを上げるもキャッチャーが落として2塁まで激走。続くイガラシはバントを失敗するも丸井の激しい走塁で1点をもぎ取る。イガラシのバント失敗とか悲しい。

丸井は本塁への送球を自分の手にわざと当ててホームインするという高等テクニックを披露。

後続は抑えて1失点の佐野。

一方墨高の先発は井口。練習試合で強豪を抑えたことが評価されての大抜擢。ポテンシャルは墨高で一番との評価。ボールの速さは2年の佐野をも上回る。

まともに打ちにいくと危険と見た当日はバント作戦に出る。執拗なバント攻撃でノーアウト満塁のピンチを迎える墨高。しかし次のスクイズは見事阻止してようやくワンアウトに。

続く

感想

初戦の相手は何かと因縁のある東実。谷口が墨高に入ってからは1勝1敗なのでこれが最終決戦なのでしょう。

井口先発は前回の活躍から予想されていましたがその通りでしたね。いけるところまで井口で行って最後に継投すると思われます。

さすがにここで負けるわけにはいかない墨高。第4巻に期待です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加