懐かしくて面白い柔道漫画3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人自身、柔道は学生時代の体育の授業でくらいしからやったことがありません。しかし柔道漫画は子供の頃からたくさん読んでいました。今日は数ある柔道漫画の中から管理人が特に好きで、ちょっと懐かしい作品3選を紹介したいと思います。未読の方必見。

作品紹介

ここで紹介する3作品はどれも好きで序列がつけられません。どれも同じ位オススメとお考え下さい。何度も何度も読み返した作品達です。

柔道部物語

 

中学生の時に初めて読んだ柔道漫画です。なんでこんなに面白いのか。それは王道ストーリーに加えてキャラの濃いわき役が主人公の周りを固めているからでしょう。ギャグ要素はあるもののストーリーはしっかりしています。

楽だし女にもてると騙されて柔道部に入れられた三五。初心者で全く弱かった三五がライバルとの出会いや特訓によりメキメキ強くなります。王道だからこそ面白い。管理人は三五の先輩達が大好きでした。柔道+ギャグ要素といった感じ。

あらすじ
迫真の描写と笑い、人気柔道漫画が文庫本に柔道なんて見たこともない三五十五クン、高校入学直後に先輩の甘い誘いに乗って柔道部に入部。予想もしないキツい部活にショックを受けるが、簡単にはめげない。

YAWARA!

 

柔道漫画には珍しく女の子が主人公なのが本作品。作者が「浦沢直樹」の時点で面白いとわかってもらえるかもしれませんが少し紹介を。まず本作の主人公猪熊柔は最初から無敵の強さを誇ります。それもそのはず幼少の頃から指導を受けており、指導をする祖父の猪熊滋悟郎は柔道選手権5連覇の実績を持つ天才柔道家。

柔もその才能を引継ぎ天性の才能を持つ上に幼少から特訓をしているのだから強いに決まっています。これだけだと主人公が無双するだけと思われそうですがそうではありません。なぜなら柔は柔道をやりたくないから。年頃の女の子には柔道は単なる汗臭いスポーツで恋をするのに邪魔なもの。しかし柔を手塩にかけて育てた滋悟郎は柔が柔道を辞めることを許すはずもなく孫と娘の駆け引きがあります。そこに恋愛要素も絡むので単なる柔道漫画の枠を超えた漫画と言えます。ちなみに柔は天才ですがそれに匹敵するライバルたちも現れるので柔道漫画としてももちろん面白いのでご心配なく。柔道+恋愛要素。

あらすじ
日刊エブリースポーツ記者の松田は目撃する。それは、ひったくり犯人が屈服しているありさまだった。少女の、見事な巴投げで。_笑顔の素敵な普通の女の子、猪熊柔。指導者は祖父である猪熊滋悟郎。滋悟郎は、柔道選手権五連覇の伝説を持つ。柔が重ねる鍛錬によって、大学だけでなく国際大会でも大活躍するにようになる。激動の成長物語。『オリンピックでは金メダル、賞状は国民栄誉賞を取ってこいっ!』渋みのあるスポーツ根性、ほとばしる汗?いいえ。思わぬ恋バナと友達との信頼関係が、ありきたりな予想を良い意味で裏切ってくれます。朗らかでさっぱりした作品全体の雰囲気。その明るさが読み手の心にまで染みてくる。浮かばれない社会や暗いニュースだけでないことを、思い出させてくれます。

花マル伝

これは上の2作品に比べて知らない人が多いかもしれませんが間違いなく面白いです。主人公の花マルには様々なライバルが登場しますが、彼にとっての最大最高のライバルは親友の木元のみ。そして明らかにスペックで花マルより優れている木元も実は花マルに憧れているという二人の関係が面白い。柔道を題材とした花マルと木元の成長日記というのが適した表現かも。花マル伝は花マルが中学入学から卒業するまで、続編の新花マル伝は花マルの高校入学からその後が描かれています。柔道+友情。

あらすじ
桜ヶ丘中学に入学した主人公・花田徹丸(花マル)。あこがれの同級生永野が上級生にからまれるが何もできない。同じクラスの木元旭が上級生を柔道技で投げ飛ばすのをただ唖然と見ているだけだった。木元は運動神経抜群、成績優秀、おまけにハンサム。花マルはそんな木元を、自分の捜し求めていたライバルと思いこみ、彼の入部した柔道部に入る。桜ヶ丘中の柔道部は全国制覇を狙うほどの実力を持ち、柔道をやったことのない花マルには厳しい練習が待っていた。

 

まとめ

格闘技漫画の一番の魅力はやっぱり登場人物がどんどん強くなるところです。そういう意味では「YAWARA!」に登場する主人公の猪熊柔は最初からほぼ最強ですが、周りのキャラがその役割を果たしてくれるのでその面でもしっかり楽しめます。

柔道のことがわからなくても楽しめる作品ばかりなので、柔道漫画を敬遠していた方にぜひ読んで欲しい作品です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加