ミックス(MIX)2巻ネタバレ感想 西村拓味の登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミックス(MIX)2巻のネタバレ感想記事です。1巻に引き続き中学生編が続いています。

ネタバレ感想

ミックス1巻ネタバレ感想記事

1巻の記事で触れていなかったのですが、中等部の夏の大会が開始されており明青は二階堂をエースに据えながらブロック代表決定戦に進出します。

ブロック代表決定戦も二階堂が完封し、中等部としては20年ぶりの都大会出場を決定します。二階堂がエースでも勝ち上がれるんですね。

都大会出場を決めた立花兄弟に襲い掛かるのは学生の本分である期末テスト。

走一郎はもともと成績がいいようですが投馬はぼちぼちの様子。ただし今回は野球部の友人の駒から投馬にテストで勝ったら義理の妹の音美とデートさせろいう賭けを受けさせられます。音美にデートをさせたくない投馬は一生懸命勉強します。

その結果、クラスの5位の成績をとります。1位は走一郎。投馬の集中力の凄さを表現するエピソードですね。

期末テストが終わり都大会1回戦が始まります。相手は水神中学という強敵。相手の2年生エース西村拓味は顔を見るとどう見ても前作タッチに登場した勢南の西村の息子でしょう。父と同じく鋭いカーブが武器ですがストレートも速いようです。

二階堂は遅刻。西村は温存で控えピッチャーが先発する両チーム。お互い点の取り合いになりますが相手エース西村が登板してから明青は全く点が取れなくなります。

一方二階堂も遅れて試合に登場し、登板しますがめった打ちにあい明青は都大会1回戦で敗戦します。

二階堂と走一郎

二階堂はプライドがめちゃくちゃ高く唯我独尊の性格ですが、後輩の走一郎のリードには一度も首を振らないようです。これは走一郎の実力を認めてのことなのか何か裏があるのか。また毎日1時間しか練習しないため球威がすぐ衰えますが、なんだかんだで要所を抑える集中力もあります。

西村登場

前作タッチとのつながりを感じさせるキャラ西村拓味が登場しました。恐らく勢南の西村の息子でしょう。そうでないと説明がつかないくらい似ています。

ポジションもピッチャーで鋭いカーブが武器です。立花兄弟と同じ2年生なので今後のライバルキャラとして扱われそうです。

スカウトが来る立花兄弟

それほど目立った戦績を挙げていない明青中等部に強豪西条高校のスカウトが来ていました。しかも投馬をピッチャー、走一郎をキャッチャーとしてバッテリーごとスカウトしたい様子。投馬は1試合も公式戦で投げていないのにです。

立花兄弟まで話が来ないのは全て二階堂が話を握りつぶしているからとのこと。そこまでする理由は何なのでしょうか。

いずれにしても二階堂はこれで引退しそうなので立花兄弟がバッテリーとして試合に出る日も近そうです。

ミックス3巻ネタバレ感想記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加