ミックス(MIX)4巻ネタバレ感想 高校生編本格始動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミックス(MIX)4巻のネタバレ感想記事です。高校生編が本格的に開始しました。夏の甲子園ベスト8の名門東秀と練習試合が描かれています。

ネタバレ感想

ミックス3巻ネタバレ感想記事

明青学園高等部には野球以外にも過去に一度全国一位になったものがある。という冒頭で始まった4巻です。これは浅倉南が新体操で全国優勝したことを指しています。

達也と南が同じ年に全国優勝した伝説が今でも語り継がれているのは感慨深いですね。

大山監督の娘大山春夏は新体操部に所属しているようで益々南ちゃんと同じポジションです。

さて立花兄弟の加入と新監督大山を迎えて新しく指導した新制明青野球部。

新監督大山は3年生のピッチャーを軸に夏の大会を戦う方針です。1年生を特別扱いして上級生のモチベーションを下げたくないのが理由とのことです。

しかし当の上級生たちは投馬の入学を心待ちにしており、最初から1年生の投馬をエースしたがっています。

投馬の投げるボールを見たことがなかった大山監督は上級生の進言もあり投馬のピッチングを見てみてその才能に驚くこととなります。大山監督も同意のもと投馬を夏のピッチャーにする方針に切り替わります。

さて夏の大会を前に去年の夏の甲子園出場校東秀との練習試合が始まります。

なぜ名門東秀が弱小明青と練習試合をしたかというと東秀の絶対的エース三田浩樹の妹の亜里沙が明青学園中等部にいることが発端です。

亜里沙、立花音美、そして同級生の赤井は三角関係にあり、音美を気に食わない亜里沙が明青学園をやっつけるように兄である三田浩樹に頼んだことから実現したという何とも個人的な練習試合なのでした。三田浩樹の権力凄すぎます。

三角関係はこんな感じです。亜里沙⇒赤井⇒音美。

さて経緯はともかく始まってしまった練習試合。東秀は全員レギュラーです。一方明青学園は投馬を温存し、3年生ピッチャーを先発させます。

予想通り滅多打ちにあい2回途中までに5点を取られた3年生二人に変わり投馬がようやくマウンドに上がります。

投馬と三田浩樹による投手戦が繰り広げられます。さすがに甲子園出場校を抑えるのは難しいと思われた投馬ですが、走一郎の巧みなリードもあり交代してから8回まで無得点に抑えます。一方三田浩樹は8回までパーフェクト。

5対0の東秀リードで9回を迎えます。

続く

三田浩樹の登場

立花兄弟に立ちはだかる強大な壁として3年生三田浩樹の登場です。150㎞近いストレートに切れのいいスライダーとツーシームを操る超高校級の左腕。

妹の亜里沙は音美に対して色々と嫌がらせをする難ありな性格ですが、兄はそうではなく人格者といった感じです。

3年生として登場させたからには夏の大会で対戦するかもしれません。

全国優勝した新体操部

明青学園が全国優勝した2つのスポーツの内の一つ。新体操は浅倉南が優勝しましたね。

本作ミックスではヒロインの大山春夏が新体操部に所属しています。

南郷と駒

立花兄弟と同じ1年生で長距離バッターの南郷と駒。南郷は九州から大山監督を慕ってついてきました。いずれそのあたりのエピソードも出そうです。

駒は立花兄弟と同じ明青中等部からの進学組です。二人とも今後レギュラーとして活躍しそうです。

ミックス5巻ネタバレ感想記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加