ミックス(MIX)5巻ネタバレ感想 練習試合の東秀戦完結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミックス5巻ネタバレ感想記事です。東秀との練習試合もいよいよ大詰めです。

ネタバレ感想

ミックス4巻ネタバレ感想

投馬は東秀打線を2回途中から登板して与えたヒットは2本のみ。なんと無失点です。一方三田浩樹は9回裏に更にギアを上げて走一郎(8番)、投馬(9番)を含む三人を三者三振に抑えてパーフェクトを達成しました。

結局5対0で東秀が完勝しました。圧倒的な三田浩樹の実力。

さて練習試合も終わり日常モードに入った明青野球部。そんなある日投馬が大山春夏からデートに誘われます。

走一郎や南郷が春夏に想いを寄せていることを投馬は知っているため、ここで春夏とデートに行くと色々と面倒なことになりそうだと心配する投馬ですが、最終的にはデートに行くことに。

デート当日、春夏に先導されて電車に乗って散歩をすることになった投馬。散歩中に実は二人が3歳の時、投馬の母の葬式で出会っていたことを春夏から明かされます。投馬は言われるまで全く気付かなかった様子。

駅からずいぶん遠くまで歩いた二人はそろそろ帰ろうと、バス停でバスを待ちますが本日はバスが休みであることが判明します。更に追い打ちをかけるように助けを呼ぼうにも二人とも携帯を持っていない始末です。

そこに運よく通りかかったのは勢南野球部のバス。遠征先からの帰りでした。二人は勢南のバスに乗せてもらい無事に帰ることが出来ました。

ちなみに投馬は春夏とデートしたことを走一郎と南郷に知られ二人から恨みを買っていいます。

さて日々の練習に戻った明青野球部。大山監督は走一郎が投馬の投球フォームをチェックしているシーンをみて走一郎に「投げてみろ」と言います。

続く

投馬と春夏の関係

二人は実は幼馴染でした。まぁ幼馴染といっても3歳の時に投馬の実の母の葬式で一度会っただけのようですが。

それでも大山監督によると春夏はずっと投馬のことを覚えていて投馬との再会を喜んでいたとのことなのでこの二人の関係がどう発展するかは気になるところです。

野球部のエースと新体操部のエースってまんま「タッチ」ですからね。

なお勢南高校のバスに乗った時監督の西村勇が、投馬と春夏が幼馴染ということを知り、可愛い幼馴染がいるのは「伝統だな、明青の」とつぶやいておりちょっぴり昔を懐かしんでいるような感じです。

ピッチャーとしての走一郎

もともと走一郎は投馬とピッチャーを争っていたらしいので、ピッチャーとしての実力も相当なものなのでしょう。しかしスピードは投馬にかなわないという発言を以前していたのでストレートは投馬、コントロールは走一郎という感じなのでしょうか。

今後登板の機会が出てくるのか注目ですね。

大山監督の妻

初登場した大山監督の妻。現在別居中であるものの離婚はしていません。娘の春夏に父の世話を任せて自分は小説家として仕事をしています。本も売れているようです。

娘の春夏がしっかり者すぎますね。

ミックス6巻ネタバレ感想記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加