ミックス(MIX)7巻ネタバレ感想 VS健丈高校戦の勝敗は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミックス7巻ネタバレ感想記事です。健丈高校戦が決着します。

 

ネタバレ感想

ミックス6巻ネタバレ感想

<4回裏明青の攻撃>
2番がキャッチャーフライ。3番キャッチャー走一郎が1打席目に続いてヒットを放つも4番今川凡退、5番尾木三振でチェンジです。

<5回表健丈の攻撃>
投馬が0点に抑えます。

<5回裏明青の攻撃>
6番ピッチャー投馬がソロホームランで1点先制。7番が凡退の後、代打で駒と南郷が出場し連続ヒットを放ちます。しかし後続が続かずソロホームランの1点どまりです。

<6回表健丈の攻撃>
0点(描写なし)

<6回裏明青の攻撃>
0点(描写なし)

<7回表健丈の攻撃>
ワイルドピッチで出したランナーを置いて赤井兄がツーランホームランを放ち逆転。赤井兄は投馬を相手に打ちまくっています。

<7回裏明青の攻撃>
投馬がデットボールで出塁するも後続が続かず0点

<8回表健丈の攻撃>
三者三振でチェンジ。投馬は連続5奪三振。

<8回裏明青の攻撃>
1番からの好打順で始まります。しかし1番凡退、2番三振であっと言う間に2アウト。3番走一郎、4番今川がフォアボールで出塁し、5番尾木の詰まった当たりをライトが後逸して一挙2得点で逆転します。

<9回表健丈の攻撃>
1番三振、2番三振、3番ピッチャーゴロでゲームセット。4番の赤井兄までは回りませんでした。

 

投馬は相手を2失点に抑えたもののライバルの赤井兄には3打数2安打、ホームラン1本の2打点と打ち込まれており、次の対戦でのリベンジに期待です。

一部メディアの間で優勝候補にも挙げられていた健丈高校(元須見工)に明青が勝利したことを喜ぶ勢南監督の西村勇。なんでも明青、須見工、勢南の3校が強くなければ盛り上がらないそうです。

明らかに当時を懐かしんで喜んでいるところが可愛いですね。

 

さて明青の次の相手は三光学院。かつて上杉達也がノーヒットノーランを達成したときの相手校です。

あとは春夏が三光学院の練習を偵察中にアクシデントで腕を怪我しました。そのため新体操部の練習に参加できない間は野球部のマネジャーをやることに決定しました。ますます南ちゃんと同じ道を歩んでいます。

続く

明らかに立花兄弟を上回る赤井

健丈高校の4番赤井は現時点では投馬を上回る実力のようです。同じ1年生なので勢南の西村と同じく今後も立花兄弟のライバルとして立ちはだかりそうです。

タッチの時も西村勇と新田明男というピッチャーとバッターに一人ずつライバルがいましたが続編のMIXも同じ感じですね。

4番今川

2年生の4番今川。中等部時代はキャプテンを務めていました。健丈戦を観戦している二階堂曰く4番としての今川に何度も助けられたとのことです。健丈戦では結局相手のピッチャーに歩かされてヒットはありませんでしたが、今後投馬が苦しい時の打撃での援護があるのかもしれません。

肥満体形なのでタッチの孝太郎とイメージがもろかぶりします。

赤井弟と立花音美

音美本人には伝えていませんが、赤井弟は同級生の夏野に「立花音美が好きだ」と宣言しています。音美は赤井弟のことは現在友達としてしか認識していないようなので今後どうなるかに注目です。

ミックス8巻ネタバレ感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加