【漫画】孤独のグルメ|ベストグルメランキング

漫画

【漫画】孤独のグルメに登場する数々の料理の中からベストグルメをランキングします。

ベストグルメといっても作中の料理を実際に食べることは出来ないので基本的には主人公である井之頭五郎の反応から決めていくことになります。

例えば五郎さんの反応が「うんうん」というものより「ウマイ!」の反応の方がランキングが上になるということですね。

ちなみに漫画は「孤独のグルメ」と「孤独のグルメ2」の2冊が発行されているのですが、「孤独のグルメ2」の方が五郎さんのリアクションがコミカルで面白いです。

というのも1冊目の「孤独のグルメ」が2000年に発売された後に、ご存知の通り松重豊さんが主演のドラマが放送されました。

この松重五郎さんはだいぶコミカルに描かれていて漫画であった皮肉屋な面がカットされています。

それはドラマ特有の事情で、実際に存在するお店を撮影に使わせてもらっている以上、批判することは出来ないので、五郎さんの性格をマイルドにしたのでしょう。

そしてドラマを経て新たに発売された「孤独のグルメ2」はドラマの五郎さんに引っ張られる形になってコミカルな性格になりました。

そのため料理に対する反応も皮肉さが消えて基本的には高評価を下すことが多くなったのです。

そんな事情から今回のランキングトップ3に選ばれているのはドラマ後に発売された「孤独のグルメ2」に出てくる料理となりました。

ランキング

それでは早速ランキングを開始してみましょう。

全部で5つの料理をチョイスしています。

 

1位|孤独のグルメ2 第7話 東京都世田谷区駒沢公園の煮込み定食

栄光の1位は孤独のグルメ2に登場する煮込み定食です。

商談で世田谷区に向かった五郎さん。

商談終了後に商談相手に「この辺にひとりでチャチャッと何か食べられる店なんてありますかね?」と尋ねて教えてもらったのが煮込み定食のお店です。

この回は五郎さんのオヤジギャグが初っ端から絶好調で、取引先からこのお店を教えてもらった際にお酒はなくて大丈夫ですか?と問われて心の中で『アルコール・・・なくてけっこうコケコッコー』というのが飛び出した絶好調な回です。

さて肝心の煮込み定食です。

世田谷区の煮込み定食

一目見てうまそうな煮込み定食だとわかるのですが、五郎さんの反応がさらにおいしさを表してくれています。

通常五郎さんが飯を食った時の反応は「うんうん」とか「うんいける」とかたんぱくな反応が多いのですが、この煮込み定食の時だけはちょっと違いました。

「う・・・ウマイ!」

煮込み定食のあまりのうまさに驚愕する五郎さん

五郎さんがうまさで驚愕しているのです。

そんな回は後にも先にもこの煮込み定食だけです。

さてそんな理由もあり世田谷区の煮込み定食が第1位に輝きました。

2位|孤独のグルメ2 第10話 東京都渋谷区松濤のブリ照り焼き定食

第2位は渋谷区松濤にあるブリ照り焼き定食です。

商談の後にふらりと立ち寄ったお店でいい定食に出会います。

松濤のブリ照り焼き定食。見ただけでわかるうまさ。大根おろしもたっぷり。

この回で特筆すべきは五郎さんのご飯のおかわりの回数。

通常大盛りがデフォな五郎さんなのでおかわりするのは当たり前なのですが、この回では2回もおかわりをし合計3杯ものご飯を平らげました。

食べ終わった後も「久々の感動的満腹」と感想を漏らしており、本企画の2位にふさわしい定食といえるでしょう。

3位|孤独のグルメ2 第2話 東京都新宿信濃町のペルー料理

五郎さんが全く知らない信濃町エリアでふらっと立ち寄ったペルー料理のお店。

なぜペルー料理のお店に立ち寄ったのか?

それは五郎さんの元カノで女優でもある「小雪(さゆき)」からの絵はがきが原因。

小雪から最後にもらった絵はがきがペルーからの便りだったことを思い出してふらっと見かけたペルー料理のお店にシンパシーを感じたのでお店に入りました。

ちなみにこの回では五郎さんと小雪の馴れ初めが掲載されていて、二人はパリ在住の日本人アーティストの個展で出会いました。

お酒を飲めないことで話が盛り上がった二人。

五郎さんは盛り上がったチャンスを逃すまいと「よかったらちょっとケーキでも食べに出ません?」と五郎さんしか使わないような口説き文句で小雪がゲットしたことが明らかになっています。

 

さて話がそれましたが五郎さんが注文したのはペルーのごく一般的な家庭料理である「フレホーレスセット」。

ペルー料理のフレホーレスセット。タマネギの酢漬けはおかわり自由。

余程おいしかったのか五郎さんは二つ目のセットメニューを注文するという暴挙に出ます。

さすがのお店の人も五郎さんのセットの注文を聞いて思わず「単品じゃなくて?」と聞き返すレベルでした。

裏を返せばそれだけうまい店ということなのて3位にふさわしいでしょう。

4位|孤独のグルメ 第3話 東京都台東区浅草の豆かん

恥ずかしい話、管理人は豆かんという食べ物をこの話で初めて知りました。

商談相手からおいしい甘味屋の存在を聞いた五郎さんはいてもたってもいられなくなって、お店に足を運びます。

煮込み雑炊や煮込み雑煮でお腹を満たしてから甘味を楽しもうと計画しますが、煮込み雑炊や煮込み雑煮はどちらも「来月からのメニュー」ということで注文不可。

がっかりした五郎さんですが気を取り直して「豆かん」を注文。

すごくシンプルな絵なのにうまそうな感じが伝わる豆かん。

豆かんを食べた五郎さんの感想は

「うん!これはうまい これはいい豆だ 実に美味しい・・昔食べたものよりもずっとうまい・・・そんな気がする 豆とカンテンだけなのに・・どこまで食べても飽きないぞ」

と絶賛でした。

甘味のみなのでランキングに入れるか迷いましたが五郎さんの反応から選べば間違いなく上位なので入れることにしました。

5位|孤独のグルメ 第10話 東京都杉並区西荻窪のおまかせ定食

最近忙しくて不健康な五郎さんがチョイスしたお店は「自然食」のお店。

しかしお店に入ったものの自然食を押し出すようなお店は苦手だと自分で入っておきながら文句たらたらです。

五郎さんが注文したのは「おまかせ定食」。

全体的にボリュームは少ないものの、品数が多くて女性受けしそうなメニュー。

最初は玄米ご飯や無添加の品の数々に難色を示していた五郎さんですが、一口食べると一気に評価が覆ります。

「うまい! なんだこれは! 味噌が違うのかな うわ・・・なんだこのホウレン草 固くて臭くて・・・まるで道端の草を食っているようだが マズくない! けっしてマズくないぞ!! ああ うまい! なんだか なつかしい味だ」

五郎さんのコメントだけを見ると若干ディスっているようにも感じられますが、むしゃむしゃ食べながらのコメントなので素直になれない五郎さんなりの誉め言葉なのでしょう。

それは定食を食べきった後にいわしと大根のカレーライス大盛りを追加注文したことからも明らかです。

そんなわけで5位にランキングしました。

あとがき

いかがでしたでしょうか。

五郎さんの感想コメントや反応からベストグルメを選んでみました。

孤独のグルメは食べ物の描写が緻密で見てるだけでとてもおいしそうです。

管理人としても1位の煮込み定食はめちゃくちゃうまそうなので実際に食べてみたいですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました