漫画:孤独のグルメ第8話 川崎セメント通りの焼き肉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大仕事の前に空腹を感じた五郎さん。

景気づけに焼き肉でも入れていくとのことですが、大仕事前にそんなに食べて眠くならないのかちょっと心配になるレベルで食べまくります。

川崎セメント通りの焼き肉

ひとりで真っ昼間から焼肉を食べる食べる。

店内はがらがらで五郎さん以外の客は見当たりません。

うん、うまい肉だ

いかにも肉って肉だ

出典 孤独のグルメ(久住 昌之 、谷口 ジロー) 扶桑社

などと言いながらひたすら焼肉を食べ続きます。

ペースを上げていく五郎さんですが、焼肉に必須な白いご飯がなかなか来なくてイラついてます。

早くご飯こないかなぁ

焼き肉といったら白い飯だろうが

出典 孤独のグルメ(久住 昌之 、谷口 ジロー) 扶桑社

ようやくきた白いご飯をおともに汗だくになりながら焼き肉をかきこむ五郎さん。

すごい食欲!

既に相当食べているはずなのですが、チャプチェに上ロースと上カルビを追加で注文します。

既に汗だくですがこの後の大仕事は大丈夫なのか心配になります。

更にライスもおかわり。。

うおォン 俺はまるで人間火力発電所だ

出典 孤独のグルメ(久住 昌之 、谷口 ジロー) 扶桑社

こんな名言まで出てきてしまいます。

満腹でテンションが高くなっている様子。

頭が回らなくなるまで焼き肉を食べた五郎さん。

この後の大仕事がただただ心配になります。

 

さて第9話は江の島の「江の島丼」です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加