漫画:孤独のグルメ第17話 千代田区秋葉原のカツサンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋葉原でお買い物の五郎さん。

千代田区秋葉原のカツサンド

冒頭から秋葉原で商品とにらめっこする五郎さん。

商品の多さに辟易している様子。

何とか商品を選び購入します。

その後も少し秋葉原をぶらつきますが電化製品の多さに頭痛がしてきたようで退散します。

秋葉原を散歩して小腹がすいた五郎さんは腹を満たせる場所を探しますがなかなか食べる場所が見つからないようで五郎さん曰く「この街には食欲というものが欠乏している気がする」とのこと。

しばらく歩いていると肉の万世橋を見つけます。

カツサンドがうまかったことを思い出した五郎さんは特製カツサンドを一つ持ち帰り駅の広場で食べることにします。

食べながら「こういうの好きだなシンプルで。ソースの味って男の子だよな」
となんだかわかるような全くわからないような名言をつぶやく五郎さんでした。

 

さて第18話は渋谷の「大盛りやきそばと餃子」です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加