ガリレオシリーズ|沈黙のパレードのネタバレ感想『東野圭吾』

小説

ガリレオシリーズ最新作、沈黙のパレードのネタバレ感想記事です。

なんでこうもガリレオシリーズは面白いのだろうか。

あらすじ

突然行方不明になった町の人気娘が、数年後に遺体となって発見された。容疑者は、かつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。さらにその男が堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を憎悪と義憤の空気が覆う。秋祭りのパレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたのか。殺害方法は?アリバイトリックは?超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。

ネタバレ感想

ここからネタバレ感想をしていきます。

未読の方はご留意下さい。

登場人物

主な登場人物の紹介です。

・並木祐太郎

並木佐織の父。事件の容疑者である蓮沼を尋問して事件の真相を問いただそうとした。

・並木真智子

並木佐織の母。

・並木佐織

事件の被害者。新倉夫妻の指導のもと歌手を目指していた。

・並木夏美

並木佐織の妹。

・戸島

並木祐太郎の親友。祐太郎が蓮沼に尋問をし、復讐することに手を貸す。

・高垣智也

並木佐織の元交際相手。今でも事件のことを引きずっている。

・新倉直紀

並木佐織の歌手としての才能に目をつけて指導していた。

・新倉留美

新倉直紀の妻。直紀と一緒に沙織の指導をしていた。

・増村

23年前に蓮沼に殺害された本橋優奈の伯父。証拠不十分で釈放された蓮沼のことをずっと恨んでおり、蓮沼の居所をずっと探していた。

・蓮沼

本橋優奈殺害事件、並木佐織殺害事件の犯人。

・湯川

大学教授。事件の全てを見抜く。

・草薙

湯川の親友。事件の捜査にあたる。

・内海薫

草薙の部下。事件の捜査にあたる。

事件について

事件についてわかりづらいところをQ&A方式でまとめていきます。

Q1

並木佐織事件の犯人は結局誰であったのか?

A1

蓮沼が犯人。

公園で新倉留美と並木佐織が口論になり留美が佐織を突き倒したことは事実。

しかしその時点では佐織は死んでおらず気絶しているだけであった。

留美は混乱して現場を立ち去る。

その後気絶している佐織を蓮沼が見つけて殺害した死体を遺棄した。

よって結局犯人は蓮沼。

Q2

留美と佐織はなぜ口論になったのか?

A2

佐織が歌手を目指すのを辞めると言い出したから。

新倉夫妻は自分たちの持てる力全てを使って留美が歌手になれるようサポートしていた。

しかし沙織は高垣智也と交際し、挙句妊娠してしまう。

そして佐織は子供を産んで智也と結婚する道を選びたいから歌手の道は辞めると言い出した。

留美は夫の直紀が佐織にどれだけ尽力したかを知っていたので佐織の勝手な言い分にかっとなって口論になり突き飛ばしてしまったのであった。

Q3

湯川が「親友の悔しい思いを晴らしてやりたかった。『なみきや』に通い、この町の人々と接すれば何かヒントが掴めるかもしれないと思った」と語っているが親友とは誰のことを指すのか?

A3

2人が候補として考えられる。

一人目は容疑者Xの献身に登場した石神。

留美との会話で「容疑者Xの献身」に登場した石神のトリックを暴いてしまったことで、石神がかばおうとした花岡靖子が良心の呵責に耐え切れなくなり結局、石神の覚悟を無駄にさせてしまったことを悔やんでいる発言をしていた。

このことから考えると親友は石神のことを指しており、容疑者Xの献身と同じ性質を持つ今回の事件において自分が殺人を犯したと誤解している留美に対して真実を告げることが石神への弔いになると思ったのかもしれない。

もう一つ考えらえるのは古くからの付き合いである草薙。

草薙にとって蓮沼は過去からの因縁の相手。

結局殺害されてしまったため逮捕することはできなかったが事件を全て解決することで親友である草薙の手助けが出来ればと考えたのかもしれない。

Q4

パレード当日になみきやに体調不良を訴える客が来たのは偶然だったのか?

A4

新倉夫妻の手配によるもの。

留美は自分が佐織を殺害したと思っていた。

並木祐太郎が蓮沼を尋問すると自分が犯人であることがばれると考えた。

そのことを留美は夫に相談し、祐太郎が蓮沼を尋問することを阻止するために、なみきやへ人を派遣し、体調不良を訴えさせて祐太郎を病院に付き添わせることで蓮沼への尋問を阻止したのであった。

その後新倉直紀は祐太郎の代わりに蓮沼の監禁現場に向かい殺害したのであった。

感想

傑作「容疑者Xの献身」の続編ともいうべき本作。

管理人は容疑者Xは最高傑作だと思っているので、それに比べると少し劣りますが、さすがガリレオシリーズ。

かなり楽しめました。やっぱり東野圭吾作品は抜群に面白いです。

湯川教授が事件の捜査に積極的だったり、人柄も丸くなったりと年齢を重ねて人としての温かみが増してきましたね。

東野圭吾ファンであれば必読の一冊です。

タイトルとURLをコピーしました