犯人に告ぐ:ネタバレ感想『雫井脩介』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

極上のエンターテインメント。これは読まないと損でしょう。

 

 

 

 

あらすじ
闇に身を潜め続ける犯人。川崎市で起きた連続児童殺害事件の捜査は行き詰まりを見せ、ついに神奈川県警は現役捜査官をテレビニュースに出演させるという荒技に踏み切る。白羽の矢が立ったのは、6年前に誘拐事件の捜査に失敗、記者会見でも大失態を演じた巻島史彦警視だった―史上初の劇場型捜査が幕を開ける。第7回大藪春彦賞を受賞し、「週刊文春ミステリーベストテン」第1位に輝くなど、2004年のミステリーシーンを席巻した警察小説の傑作。

 

ネタバレ

本作は大きく2部構成になっています。

前半部分:誘拐事件

ある経営者の孫が誘拐された事件。この事件の捜査責任者として巻島警視が挑むが、事件が起きてから通報までの時間が遅れたこと、警察側の不手際により犯人を取り逃す。

更に犯人は子供を殺害してしまう。

記者会見に責任者として出席した巻島はメディアの容赦ない発言に感情を抑えることが出来ずに暴言を吐いてしまう。

この責任を取らされる形で巻島は僻地に飛ばされることとなる。

後半部分:バッドマン事件

誘拐事件から6年後に発生したバッドマンと名乗る男による連続児童殺害事件。全く犯人の足取りをつかめない警察が取った方法は、かつて記者会見で大失態をさらした巻島を捜査責任者として呼び戻すものだった。

巻島は僻地に飛ばされた後も腐らずに業務をこなして、所属する警察署の検挙率を上昇させていた。

捜査責任者となった巻島が取った方針は「劇場型捜査」。自らがテレビに出演してバッドマンを刺激することで、バッドマンから直接コンタクトがあるのを待つというものだった。

上司による情報のリーク等様々な妨害はあったものの、この作戦は功を奏した。バッドマンがコンタクトを取ろうとして書いた手紙を落としてしまい、それを警察が入手したのだ。

警察は手紙が落とされて場所から生活圏を割り出すことが出来た。

さらに巻島は大胆な策を取る。それは事前にテレビでバッドマンからの手紙に掌紋が残っていたと嘘をつきバッドマンの生活圏の住人に掌紋を求めるというものだ(実際は掌紋は残っていなかった)。

この掌紋の照合を嫌がったり、居留守を使ってやり過ごしたりする者がいればその者の疑惑を深めるという作戦だ。

その結果、手を怪我したため掌紋が取れないと言った男をマークし逮捕することが出来た。

感想

面白すぎて一気読みでした。ただ犯人は最後まで登場しないので推理して当てることはできません。エンターテインメントとして楽しみましょう。

続編も出ているのでそちらも楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加