下町ロケット|面白いと感じなかった理由を考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池井戸さんの作品「下町ロケット」を読了したので感想記事です。

前評判とは裏腹に管理人個人としてはそこまでしっくりこなかったいうのが正直な感想です。

なぜ世間の評価が高いのか、個人的につまらなかった理由は何なのかを考えてみます。

あらすじ
研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた―。

 

高評価の理由

まずは最初になぜ世間で高評価なのかについて考えてみます。

細かく挙げれば色々とあると思いますが、最大の理由は「話が非常にわかりやすい」からでしょう。

具体的に書いていきます。

 

小説の構成

よくあるミステリー小説のように時系列がぐるぐる入れ替わることもありません。登場人物の視点は入れ替わりますが常に順序良くテンポよく話が進んでいくため読者が混乱せず話に置いていかれることがありません。

 

勧善懲悪

作中で誰が悪くて誰がいいやつなのかがはっきりしています。

主人公の佃製作所:いいやつ

大企業と銀行  :わるいやつ

というスタンスで基本的に話が進んでいきます。巨大な権力を持つ大企業や銀行に一中小企業である佃製作所が反撃をして勝利するというところに読者は日頃溜まったストレスを解消しカタルシスを感じるのだと思います。

 

未解決の伏線がない

作中で佃製作所は様々な経営危機に直面しますが、どれも未解決はなく全て解決しています。

あれは結局なんだったんだ?という未回収の伏線がないのも作品をわかりやすくしている要因でしょう。

なお佃製作所が直面した主な経営危機は下記です。

 

大口取引先を失う
→営業努力や帝国重工へのロケット部品納入を皮切りに新規営業先を開拓

特権権侵害で訴えられる
→逆に別の特許権侵害で訴えることで反撃。タイミングよく訴訟相手であるナカシマ工業を中傷する記事が書かれたこともあり和解金を得て解決。

銀行から融資を断られる
→大口取引先を失ったことをきっかけで融資を断られるが、ベンチャーキャピタルから融資を受けたことと、特許権侵害に関する和解金を得たことで資金繰りの問題を乗り切る。

帝国重工から特許権を購入したいと申し出がある
→これは会社にとって良いことでもあるが、佃製作所はモノづくりの会社であるというプライドから特許権は売らずに、自ら帝国重工が求めるロケット部品を製作して納品することにした。

 

さらに佃製作所が保有する特許技術についても今後の発展を匂わせる形で終わっています。

 

管理人がつまらないと感じた理由

上記のように世間で高評価の理由を考えてみました。

長所は短所の裏返しといったように、管理人がつまらないと感じた理由もまさに上記の長所によるものでした。

 

銀行や大企業を悪役にする理由付けが弱い

勧善懲悪が本作の魅力の一つだというのは管理人も同意するところですが、なぜ銀行や大企業が悪役なのかというところが個人的にいまいち納得感がありませんでした。

例えばですが序盤に銀行は佃製作所が大口の取引先を失ったことによって融資を貸し渋ります。それに対する佃製作所の姿勢は「うちの技術をわかろうとしない」からうちの価値がわからず融資を貸し渋るのだというものでした。

佃製作所の気持ちはよくわかります。業績の良い時だけは熱心に営業する癖にピンチになったらそっぽを向かれるのでは憤りも当然でしょう。

しかし銀行の立場から見ると貸し渋るのもやむなしなのではないかと思います。いくら佃製作所がすごい技術を持っているとアピールしてもただの金融機関である銀行にその専門技術が理解できるはずはありませんし、それを望むのは酷です。

佃製作所の視点から見れば銀行は悪役に見えますが、第三者的視点で見た場合返済が出来ないと思える佃製作所への融資を渋るのも利益を求める銀行の姿勢としてはわかるので「銀行は悪役」だという前提が受け入れられなかったため面白みが半減しました。

 

またナカシマ工業から特許権侵害で訴えられた件も佃製作所から見れば納得がいかないものでしょう。それが大企業のやり方かと憤るのも無理はありません。

しかし結局は佃製作所の特許に対する管理の甘さをナカシマ工業に突かれたものであり、単純にナカシマ工業が悪であるとは思えないのでした(佃製作所の気持ちはわかりますが)。

 

 

主人公の佃航平に魅力を感じない

経営者である佃航平は父の後を継いでから順調に会社を大きくしてきました。

なので経営者として優秀なことは間違いないのだと思いますが、読んでいてあまり魅力を感じませんでした。

たぶんそれは銀行から融資を断られたり、裁判が起きたりした時の態度です。どうも頼りないというか殿村任せというか、解決しようというよりも銀行やナカシマ工業への不平不満が先に来ているようであまり好きになれませんでした。

 

予定調和感

本作の魅力の一つは普段虐げられている中小企業が大企業や銀行に一矢報いてカタルシスを得るというところにあります。

しかしあまりにも結果が見えすぎてしまっていて、最後は佃製作所が勝利して何もかもうまくいくのだろうなというのが読んでいてわかってしまうのでした。

読んでいて次の展開はどうなるのだろうとかそういったハラハラ要素がなかったことが管理人的には合わなかったポイントなのでした。

 

終わりに

色々と書きましたが、結局は最後まで読んでいますのですごくつまらないとかそういうことはありませんでした。

たぶん相性の問題なのかなと思います。ちょっと普段読んでいるミステリー小説との違いに途惑った面がありましたね。

読みやすいことは間違いないのでさらっと読める本がないかお探しの方にはお勧めします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加