仮面病棟|サスペンス感溢れる傑作小説のネタバレ感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知念実希人さんの仮面病棟を読了しました。仮面病棟というタイトルを何となく敬遠していたのですが、読んでみるとサスペンス感溢れるストーリーでかなり満足の1冊でした。

ちなみに作者の知念実希人さんは現役の医者なんですねー。どうりで医療に関する描写が詳細なはずです。

 

 

あらすじ
療養型病院に強盗犯が籠城し、自らが撃った女の治療を要求した。事件に巻き込まれた外科医・速水秀悟は女を治療し、脱出を試みるうち、病院に隠された秘密を知る―。閉ざされた病院でくり広げられる究極の心理戦。そして迎える衝撃の結末とは。
 

感想

次に何が起こるのかドキドキしてページをめくる手が止まらない系の小説です。

・良い点

現役の医者が書いているだけあって医療に関する話にはかなり説得力がある。

病院に隠された秘密はいったい何なのか最後まで楽しめる。

主人公の速水秀悟がいいやつで好感が持てる(管理人的に主人公の好感度は重要)。

 

・もう一歩の点

犯人がわかりやすい。
→意外性を考えるとそれしかないし結構序盤からわかってしまった。

 

 

何だかんだで総合的にはとても楽しめました。

 

ネタバレ

さてここからはネタバレに入りますので未読の方はどうぞご注意下さい。

 

登場人物

速水秀悟
→本作の主人公。先輩医師の小堺に代わり田所病院の当直にやってきた。愛美に唯一命を奪われることなく助かる。

川崎愛美
→本作のヒロイン。ピエロに銃撃されて田所病院に運ばれてきた。今回の事件の真犯人であり田所の臓器移植手術の被害者。今回の事件は田所に臓器を抜き取られた愛美の復讐によるもの。

田所
→田所病院の院長。多額の金銭をもらい身元不明者等の臓器を患者に移植する手術を行っていた。最後は愛美に射殺される。

東野
→田所の秘密の臓器移植手術の協力者。最後は愛美に射殺される。

佐々木
→東野と同じ田所の秘密の臓器移植手術の協力者。愛美が田所病院の入院患者だと気づきかけたため愛美にナイフで刺殺される。

小堺医師
→速水の先輩医師で田所の臓器移植手術の協力者。田所病院の籠城事件の後愛美に刺殺される。

ピエロ男(宮田)
→愛美に騙された田所病院に籠城した男。最後は愛美に射殺される。

 

ヒロインとして主人公の速水と一緒に行動を共にしていた愛美が真犯人でしたというオチです。

犯行の目的は自分の臓器を盗み取った関係者の殺害と違法に臓器を購入した患者のリストをメディアに公表することでその二つを成し遂げた愛美でした。

動機は田所の臓器移植の被害者となり臓器を盗み取られたため。まぁそりゃ怒りますよね。。

臓器を盗み取られた愛美はその美貌で田所病院に出入りしていた理学療法士の宮田を味方につけて、共犯者とし最後の罪を擦り付けることで完全犯罪を成し遂げたのでした。

速水の命を助けた理由は普通に解釈すれば自分を助けてくれた速水だけは生かしておこうという愛美の良心なのでしょうね、きっと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加