【小説】弥勒の掌|ネタバレ感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我孫子武丸先生の弥勒の掌のネタバレ感想記事です。

我孫子武丸先生と言えば有名なのは「殺戮にいたる病」ですよね。

管理人も「殺戮にいたる病」は読了していて面白く感じていたのですが、それ以外の作品を読んだことがありませんでした。

特段理由はなかったのですが最近読みたい本が少なくなってきたこともあり、我孫子武丸先生の他の本も読んでみようということで評判が良さそうな「弥勒の掌」を読んでみました。

 

まぁそんなこんなでネタバレ感想記事です。

 

愛する妻を殺され、汚職の疑いをかけられたベテラン刑事・蛯原。妻が失踪して途方に暮れる高校教師・辻。事件の渦中に巻き込まれた二人は、やがてある宗教団体の関与を疑い、ともに捜査を開始するのだが…。新本格の雄が、綿密な警察取材を踏まえて挑む本格捜査小説。驚天動地の結末があなたを待ち受けます。

 

 

ネタバレ感想

ここからはネタバレが入ります。

未読の方はご留意ください。

 

 

本作品はどんでん返し作品です。

最後に全てが一変するようなオチが待っています。

 

妻を殺害された刑事の蛯原と高校教師の辻はお互いに協力し、二人の妻が関与していた「救いの御手」という怪しい宗教団体を調査します。

 

ところが最後の最後になって二人の妻を殺害したのは「救いの御手」ではなく蛯原と辻だったことが明らかになります。
※救いの御手自体も犯罪行為は行っていましたが。。

つまり蛯原が辻の妻を殺害し、辻が蛯原の妻を殺害していたのでした。

そうしてその犯罪の証拠を救いの御手に握られてしまった蛯原と辻は救いの御手から自分たちの仲間になるように脅されます。

犯罪団体の救いの御手には犯罪に手を染めた人物は優秀という評価が下されてぜひとも仲間になって欲しいのでしょう。救いの御手の幹部も全員前科持ちですし。

仲間にならなければ二人が殺人を犯したことをばらすと脅された二人はあっさりと救いの御手の仲間になって終了というなんとも予想外のオチでした。

 

感想

どんでん返しが味わえて面白かったです。

 

ただこの結末を予想するのはちょっと難しいなと思いました。

というのも話は蛯原と辻の視点で進んでいくのですが、殺人のシーンはまるまるカットされていることとその後に殺人を犯したような心理描写が二人に見受けられず普通に救いの御手を調査していたためです。

フェア感を求める人にはちょっと不満が残るかもしれません。

とはいえ救いの御手を調査しているときはサスペンス的な感じでわくわくしますし予想できないからと言って管理人は不満はありませんでした。

我孫子武丸先生の作品はいままで読んでこなかったのでこれをきっかけに読んでいこうという気にさせられる面白さがありました。

未読の方はぜひ読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加