【写真付き】トミカ博2018inパシフィコ横浜の体験レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トミカ博2018inパシフィコ横浜に本日行ってきたのでレビュー記事です。混雑具合や実際に遊んだ状況を写真付きで掲載するのでこれから行く予定の方、行くかどうか迷っている方は参考にしてみて下さい。

混雑具合

日曜日だったこともあり非常に混雑していました。開催時間は10:00~16:30ですが管理人が到着した10時10分には既に大勢の人が。。

人気のアトラクションは行列が出来ていて60分待ちもざらです。比較的空いている「のれるトミカ」や「トミカエンジンスタート」でも25分~30分待ちでした。

のれるトミカ待ち時間

空いてる時間帯は

色々と遊びたい方は開催時間の10時より前に行くことをおススメします。10時過ぎから13時近くまでいましたが時間が経てば経つほど混雑してきたので。

終了間際は空いてくるのかもしれませんがそこまでいなかったので未知数です。

 

会場について

会場は大きく3つのエリアに分かれています。有料のプレイチケットを購入してアトラクションを楽しむ「アトラクションゾーン」、色々なトミカ商品が展示されている無料の「展示ゾーン」、トミカイベントモデルを含めた様々なトミカ商品が購入できる「トミカマーケット」があります。

また入場時には入場記念トミカをもらえるのでそれも楽しみの一つです。

入場記念トミカ

こちらはスタンプラリーを制覇するともらえるシール。入口でスタンプ帳の購入が必要です。

スタンプラリーの景品のシール

 

アトラクションゾーン

アトラクションで遊ぶにはプレイチケット売場で「プレイチケット」というものを購入する必要があります。払い戻しは出来ないので遊ぶ分だけ購入して下さい。あとどのアクションも結構並ぶので覚悟が必要です。

プレイチケットの案内版

 

トミカ組立工場 

必要プレイチケット6枚

「日産シルビア」、「ランボルギーニレヴェントン」、「マツダCX-5」の3種類から1つを選択し、好きなパーツを選んで組み立てることが出来るアトラクションです。それぞれ並ぶ列が別で管理人が並んだときは「ランボルギーニ」が一番人気で70分待ちでした。一番人気のない「マツダCX-5」でも40分待ちです。

自分の順番が来るとボディとシートそれぞれの色違いのパーツを3種類の中から選びます。それを係の人と一緒に組み立てて、最後ネジを止めてもらって完成です。自分の好きなパーツで作ったトミカをゲット出来ます。

マツダのパーツ

完成したマツダのトミカ

トミカつり 

必要プレイチケット5枚

大量のトミカがある釣り堀で好きなトミカを釣りあげます。制限時間は1分でその間に何台でも釣ることが出来ますが、持って帰れるのは自分が選んだ一台のみです。

なお大漁賞というのがあり1分間に釣ったトミカの数で最高記録を更新すると景品がもらえます。

トミカ釣り

大漁賞の景品

トミカ釣りのルール

トミカスライダー

必要プレイチケット5枚

トミカを滑らせてゴールに入ると景品のトミカがもらえます。クリア出来なくても参加賞でトミカがもらえます。

トミカジグザグどうろゲーム

必要プレイチケット5枚

トミカをジグザグ走らせて当たりのエリアにゴールしたら景品のトミカがもらえます。ちなみにこちらもはずれのエリアにゴールしても参加賞のトミカがもらえます。

景品一覧

他のアトラクションは未プレイですがアトラクションでもらえる景品一覧を紹介します。子供が対象のためかアトラクションがクリア出来なくても参加賞のトミカが貰えるのが嬉しいですね。

アトラクション景品と参加賞一覧

展示エリア

アトラクションゾーンは有料のプレイチケットが必要ですが、展示ゾーンは無料で色々な作品を見ることが出来ます。

展示ゾーン①

展示ゾーン②

展示ゾーン③

展示ゾーン④

まとめ

トミカ好きの子供なら必ず楽しめるイベントです。アトラクションに参加するとクリア出来なくても参加賞のトミカがもらえるのが子供への配慮があっていいですね。

混雑は必須なので全てのアトラクションを制覇したい人は開催時間より前に行くことをおすすめします。日曜日だからかもしれませんが管理人が着いた10時過ぎには人気のアトラクションは1時間待ちでした。

混雑を乗り切ってトミカ博を楽しんで下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加