懐かしの野球漫画キャプテンの続編「プレイボール」の紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は漫画プレイボールの紹介です。

前作「キャプテン」で初代キャプテンをつとめた谷口君が墨谷二中を卒業して墨谷高校に進学したあとの話がプレイボールです。

古い漫画ですが時代を感じさせないくらい面白いですよ!

あらすじ

中学時代怪我した指で青葉学院相手に投げ続けたため、野球はもう二度と出来ないと言われた谷口君。

野球が出来ないためサッカー部に入部しますが、やはり野球への未練を断ち切ることが出来ずにボールを投げれない指で再び野球を始めることになります。

谷口君の加入により1回戦突破も出来なかった弱小野球部墨谷高校が生まれ変わります。

前作キャプテンとの違い

前作キャプテンとの違いについて書いてみようと思います。

舞台が中学から高校に変わったので変化があるのは当たり前なのですが、野球一辺倒だったキャプテンから少しそれ以外の描写もあるのがプレイボールです。

特に読んでいて好きなのは食事のシーンです。

前作キャプテンではあまりなかった食事シーン(丸井のカレーはおいしそうだった。。)ですが、プレイボールでは結構あります。

たまあざらしが好きなのはOBである墨谷高校の元キャプテン田所さんにかつ丼をおごってもらうシーンです。

また試合前は相手のことを考えて特訓をしてい前作「キャプテン」ですが、試合中はどちらかというとひたすら頑張るという感じでした。

プレイボールは墨谷高校が相手を偵察して分析して試合をするという流れが確率されているのでその点も少し違うのかなという感じです。

プレイボールの見どころ

舞台が高校になりレベルが上がったせいなのか墨谷二中の時のように全国大会にいくことはありません。
※谷口君が3年生になる代で行く予定だったのかもしれませんが。。

弱小高校が特訓して強豪校を撃破していくというのは「キャプテン」と同じです。

相手をしっかり偵察しピッチャーのくせや、各打者の苦手なコースなどをしっかりと調べているので、勝ち進んでいくことにより納得感があります。

また、プレイボールにおいて谷口君は3年生が引退したあとすぐに1年生ながらキャプテンを務めることになります。

実力的にも指導力的にも当然で上級生にも文句をいう者はいないのですが、谷口君としてはやはり少し周囲に遠慮があるようで最初はうまくキャプテンをこなせない部分があります(そこを修正するための倉橋という言いたい放題いうキャラは谷口の相棒としてベストです)。

また敵キャラにも魅力があります。前作キャプテンはイガラシ編、近藤編は別ですが谷口編、丸井編はライバル青葉学院との試合に焦点が当てられておりそれ以外のチームはまぁいってしまえば雑魚扱いです(きんせい中とかは苦戦したか)。

しかしプレイボールでは1チームごとに敵チームにもちゃんとしたキャラ付けがされており、そこがまた良い味を出しています(個人的には専修館の百瀬とか良いキャラしてると思います)。

まぁ面白いです。

色々書きかましたが結局はこれが言いたかったです。

スポーツ漫画好きで未読の方がいたら古い漫画だからと敬遠せずにとにかく読んで頂くことをおすすめします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加