ネタバレ感想:家日和『奥田英朗』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奥田英朗さんによる短編小説です。それぞれの家族のあり方を描いていて、読んだあとほっこりした気持ちになれます。

あらすじ

・サニーデイ
インターネットオークションにハマり家のものを次々と売ってしまう主婦の話

・ここが青山
会社が突然倒産し専業主夫になったサラリーマンの話

・家においでよ
妻と別居して家のインテリアを自分好みに変えていく男の話

・グレープフルーツ・モンスター
内職先の若い担当者を意識し始めた主婦の話

・夫とカーテン
猪突猛進で新しい事業を始める夫とそれを支えるイラストレーターの妻の話

・妻と玄米御飯
ロハスに凝り始めた妻と隣人をどうしても冷めた目で見てしまう作家の話

 

 

感想(ネタバレ注意あり)

どれも面白いです。
はらはらドキドキという感じではないけれどどの話も読み終わった後になんとなく温かい気持ちになれるお話ばかりです。
家族の良さを再確認出来るかもしれません。

個人的には「夫とカーテン」が一番好きでした。
この猪突猛進で少し子供っぽいところがあるけど人に好かれるのが大得意の旦那さんとしっかり者で旦那がピンチの時には自分の能力を発揮する奥さん。
この二人は仲が良くて読んでいて温かい気持ちにしてくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加