Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tamaazarashi/tamaazarashi.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

伊坂幸太郎のおすすめ小説トップ5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若者から絶大な支持を誇る伊坂氏。一度読めば伏線が全て回収されてパズルのピースがピタッとはまる感じに快感を覚えるでしょう。今回はそんな伊坂作品の中から必ず読んでほしいランキングトップ5をご紹介します。

ランキング

それではスタート。

 

5位:ラッシュライフ

様々な伏線の回収が本当にお見事。このシーンはこの時のこれだったのか!という感じで必ず読み直したくなる作品です。

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場―。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。

 

4位:死神の精度

死神・千葉がいいキャラしてます。一見何のつながりもないようで色々とつながっている作品です。

CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、翌八日目に死は実行される。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生。

 

3位:終末のフール

地球が滅亡するとしたら人はどういう行動に出るのだろうか。人々がパニックになる話は色々とありますが、本作はそのパニック状態が落ち着いて、みんなが滅亡を受け入れた平穏な時期。余命3年の中で人は何をするのか。そこにその人の本質が現れると思います。

八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。

 

2位:アヒルと鴨のコインロッカー

面白かった。瑛太主演で映画化されたので映画も有名ですね。さて青年が広辞苑を盗みに行った本当の理由は何なのか。 

引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は―たった一冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ!注目の気鋭が放つ清冽な傑作。第25回吉川英治文学新人賞受賞作。

 

1位:ゴールデンスランバー

個人的に文句なしの1位。逃亡劇のスリルの中に笑いもあり楽しめます。あまり多くを語らずぜひ読んでほしい一冊。読み終わった後に残る謎もあるのでそれを色々と考察するのも楽しかったりします。読後感も○

衆人環視の中、首相が爆殺された。そして犯人は俺だと報道されている。なぜだ?何が起こっているんだ?俺はやっていない―。首相暗殺の濡れ衣をきせられ、巨大な陰謀に包囲された青年・青柳雅春。暴力も辞さぬ追手集団からの、孤独な必死の逃走。行く手に見え隠れする謎の人物達。運命の鍵を握る古い記憶の断片とビートルズのメロディ。スリル炸裂超弩級エンタテインメント巨編。

 

まとめ

伊坂作品は色々な伏線が放置されずに最後に見事回収されてパズルのピースがピタッとはまるような快感を覚えます。また個性豊かなキャラ同士のセリフの応酬も楽しみの一つ。

一度も読んだことがないという方はぜひここでご紹介した作品を読んでみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加