マスカレード・ナイトのネタバレ感想|続編や新田と山岸の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東野さんのマスカレードシリーズ最新作であるマスカレード・ナイトを読了しましたので感想記事です。

改めて思うことは東野さんの作品は本当に読みやすい。感想と続編や新田と山岸の関係について記載したいと思います。

 

あらすじ
若い女性が殺害された不可解な事件。警視庁に届いた一通の密告状。犯人は、コルテシア東京のカウントダウンパーティに姿を現す!?あのホテルウーマンと刑事のコンビ、再び。

今回の舞台はまたしてもホテル・コルテシア東京。まぁこのホテルが舞台でないと主人公の新田と山岸の接点が出来ませんからね。

なぜまたしてもホテル・コルテシア東京が舞台に選ばれたかというと謎の密告が警察にあったためです。

 

警視庁の皆様
情報提供させていただきます。
ネオルーム練馬で起きた殺人事件の犯人が、以下の日時に、以下の場所に現れます。逮捕してください。
12月31日 午後11時
ホテル・コルテシア東京 カウントダウン・パーティー会場

密告者より

こんな密告を受けた警察はコルテシア東京に現れるであろう犯人を捕らえるために、またしてもホテル内に潜入するのでした。

 

 

ネタバレ感想

ネタバレも含めた感想ですので未読の方はご留意下さい。

管理人は東野さんの一番凄いところは読みやすさと安定感だと思っています。外れ作品がここまでない作家さんというのは珍しいのではないでしょうか。

今回のマスカレード・ナイトは東野さんの過去の作品と比べて圧倒的に面白いというわけではありませんでしたが、間違いなく楽しめる1冊でした。

山岸尚美のコンシェルジュっぷりはすごいですね。一流ホテルのコンシェルジュってこんなことまでやってくれるのかと感心してしまいました。

 

事件の犯人は?

さてここからが本格的なネタバレになります。

今回の話は「ネオルーム練馬」というマンションに住む女性を殺害した犯人がコルテシア東京に現れるという密告状が届いたため、警察がホテルに潜入してその犯人を逮捕するというものです。

警察がホテルに潜入して犯人を逮捕するというのはシリーズ1作目の「マスカレード・ホテル」と同じですね。

さてコルテシア東京でホテルのフロント従業員に変装した刑事の新田は怪しい宿泊客がいないかチェックしますが、不特定多数の人が集まるホテルだけあって怪しい人物が複数現れます。

犯人は誰なのか密告者は現るのか等、見所満載です。

 

<事件の関係者達>

牧村緑

ネオルーム練馬の殺害事件の犯人。ホテルに来る際は女性に変装していた。本名は森沢光留。

ネオルーム練馬での犯行を曽根と貝塚に知られてしまい金銭をゆすられていた。その中性的な容姿を生かして男性の顔と女性の顔を使い分けて捜査をかく乱していた。

女性に変装して、男性恐怖症の女性に近づきマインドコントロールをして意のままに操った。操った女性にロリータのコスプレをさせていた。コスプレをさせていたのは亡くなった妹の面影を求めるため。

妹は過去に強姦にあい、その事件について警察から強引な事情聴取を受けたため精神的に追い込まれて自殺した。そのため森沢は警察に強い嫌悪感を抱いている。

今回の曽根からの裏切りを受けて貝塚を殺害しようとしたのも警察が警戒している中、犯行を成功させることで警察の信用を失墜させるためであった。

最終的には新田に変装を見破られて逮捕される。

 

 

曽根万智子

息子がネオルーム練馬の被害者の部屋をたまたま盗撮していたことから犯人が森沢であることを突き止めた。

曽根は高校の同級生である貝塚と協力して森沢をゆすり金銭を要求することにした。

更に森沢が犯人であることを警察に密告して金銭を受け取った上で森沢を逮捕させようとしていたが、計画の途中で夫が貝塚と浮気していることが発覚したため、貝塚を裏切り、森沢と手を組んで森沢に貝塚の殺害を依頼した。

 

貝塚由里

曽根とともに森沢をゆすった共犯者。しかし曽根の裏切りにあい森沢に殺されかける(最終的には新田の活躍で助かる)。

曽根の夫と不倫関係にあった。

 

 

新田と山岸のかんけいは?

マスカレードシリーズでは犯人が気になるのはもちろんですが、刑事の新田と敏腕ホテルウーマンの山岸尚美の関係も見所の一つになっています。

お互い最悪の第一印象から色々とあり現在は憎からず思っていることは間違いないでしょう。

事件が終わった後、新田はコルテシア東京を訪れて尚美を食事に誘い、尚美も喜んでその誘いに乗っています。

このことからもお互いがいい雰囲気なのは間違いないのですが、この後恋愛関係に発展するかどうかはまだまだ不明といった感じです。

尚美はロサンゼルスへの栄転が決まっていますが関係が続いていくことを一読者としては望みたいですね。

 

続編はあるのか?

今回はシリーズ3作目ですが続編はあるのでしょうか。東野さんの人気シリーズである「加賀恭一郎シリーズ」が完結していますので、マスカレードシリーズは続いて欲しいところです。

続編を考えるにあたってポイントとなるのは山岸尚美がロサンゼルスに行ってしまう点です。

そのため日本の刑事である新田とは事件関係で今後接点を持つのは難しいでしょう。しかし新田は帰国子女でロサンゼルスに縁があるので尚美に会いにコルテシアロサンゼルスに泊まりに行った際に、一緒に事件に巻き込まれてという展開はあり得るかもしれません。

とすると次の舞台はロサンゼルスになりそうです。

 

東野さんの作品はいつ読んでも安定して面白いので安心して読みことが出来ます。

未読の方はぜひ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加