【小説】ブレイブストーリー|ネタバレ感想と残された謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮部みゆきさんの長編ファンタジー冒険小説「ブレイブストーリー」の感想記事です。

読後の感想と残された謎を書いていきます。

小学五年生の亘は、成績はそこそこで、テレビゲームが好きな男の子。大きな団地に住み、ともに新設校に通う親友のカッちゃんがいる。街では、建設途中のビルに幽霊が出るという噂が広がっていた。そんなある日、帰宅した亘に、父は「この家を出てゆく」という意外な言葉をぶつける。不意に持ち上がった両親の離婚話。これまでの平穏な毎日を取り戻すべく、亘はビルの扉から、広大な異世界―幻界へと旅立った!

著者の宮部さんがゲーム好きというだけあってRPGを小説にしたかのような内容でした。

管理人はファンタジー小説が苦手です。

というのも通常のミステリー小説であれば登場人物だけを覚えていけば話が頭に入ってくるのですが、ファンタジー小説だとその世界の独自の設定や独特の地名も登場人物と合わせて覚えていかないと頭に入ってこないからです。

覚えることが多すぎて序盤で断念してしまうことが多かったのですが、本作は読み切ることが出来ました。

それは主人公のワタルがいきなりファンタジー世界(本作では幻界)に入り込むのではなく、当初は現実世界にいて少しずつ幻界の情報を入手してから幻界に突入するので予備知識を持った状態で入れるからです。

今までファンタジー小説を断念していたという方にもおすすめ出来ると思います。

 

ネタバレ感想

前置きはこの位にしておきそろそろ感想に入っていきましょう。

ここからはネタバレも含んでいきますので未読の方はご留意ください。

 

 

ワタルの最後の願い

幻界で現世から来た旅人が運命の塔に辿り着くと、そのご褒美に女神様に願い事を叶えてもらえます。

ワタルは現実世界で父親が別の女性のもとに行ってしまい両親に離婚の危機が訪れています。

家族で一緒に過ごしたいワタルにとっては悪夢のような出来事です。

そんな自分の運命を変えるためにワタルは幻界に乗り込み運命の塔を目指します。

つまり当初のワタルの目的は「自分と母親から父親が離れていくことを食い止める」だったわけです。

しかしワタルは旅をしていて悩みます。

ワタルと時を同じく現実世界から幻界にきたミツルによって幻界がめちゃくちゃにされてしまったからです。

このまま放っておけば幻界は滅びてしまいます。

運命の塔で願いを叶えればワタルは現実世界に戻るため幻界とは今後一切関係することはありません。
しかし関係なくてもワタルは悩んでしまいます。

運命の塔の女神の力があれば幻界を救うことが可能です。

自分の運命を取るのかはたまた幻界の未来を取るのか。

ワタルはどちらを取るか究極の選択を迫られます。

女神の元にたどり着いたワタルが選択したのは幻界の未来でした。

仲間と旅をする中でワタルは成長し、自分の運命は自分が変わることで変えることが出来ると考えたワタルは、自分の力ではどうすることも出来ない幻界を救うことをお願いしたのでした。

旅を通じて変わったのはワタルの精神的な成長です。

旅の前
⇒父親が出ていく。自分はなんて不幸なんだ。何とかして食い止めなきゃ。

旅の後
⇒自分の運命は自分が変わることで変えられる。

正に一人の少年の成長を描いた作品なのでした。

 

・ミツルの最後

ワタルと対をなす存在として描かれたもう一人の旅人ミツル。

彼はワタルより能力的にはるかに優秀でしたが女神のもとに辿り着くことは出来ませんでした。

その理由は仲間を必要とせず一人で旅をしていたから。

運命の塔で課される試練は自分自身から生まれた分身を倒すことです。

この分身は自分の憎しみの心から生まれています。

ちなみに自分の心の悪の部分と向き合うというのはRPGや漫画でよくある王道の展開だと思いますが、本作もその展開は同じです。

仲間と旅をしていたワタルと比べてずっと一人で旅をしていたミツルは自分の運命に対する憎しみの心がどんどん増幅してしまい、自分の分身に打ち勝つことが出来ずやられてしまいました。

優秀なこととその意思の強さゆえに一人で旅を続けたミツルにとっては皮肉な結果でした。

一方ワタルは幻界の人に馴染んでいました。幻界でハイランダーの仕事をし、仲間を見つけて自分の目的とは関係がないことでも誰かを助けるために積極的にこなしました。

文字通り幻界を楽しんだワタルに軍配が上がったのでした。

これもゲームではよくある設定ですよね。主人公は色々と寄り道をしながらRPGの世界をくまなく旅をして最終的に目的を果たしますよね。

優秀なゆえに孤独なミツルと優秀ではないがその性格から優秀な仲間を得たワタル。

二人の対比は面白いです。

 

残された謎

残された謎というか管理人が読んでいてわからなかった箇所を列挙していきます。

 

・大松香織の心はなぜ幻界にいたのか
現実世界で心を失い抜け殻となっていた大松香織。

その心は幻界にある運命の塔で囚われていました。

同じく幻界に閉じ込められていた石岡についてはミツルの魔法で心を封じ込められたので幻界にあるのはわかるのですが、香織の心は誰に封じ込められたのか気になるところです。

石岡と同じくミツルの魔法にやられた可能性はありますが、ミツルがそんなことをする必要がわからず疑問が残るのでした。

 

・ワタルの母親がワタルの幻界での旅を見れたのはなぜか
意識を失っていたワタルの母親が夢の中で見たのは幻界でのワタルの旅の一部始終でした。

現実世界と幻界は道具を通じて繋がっていますがワタルの母親がそれらを使ったわけではありません。

それではなぜワタルの幻界での旅が見れたのか。

考えられるのは女神がワタルの立派な旅を嬉しく思い、そのご褒美としてワタルの母親にも見せてあげた。というくらいでしょうか。

 

・幻界の魔法が制限なく現実世界で使えるのか
ミツルは大松ビルで石岡達に魔法を使いました。

ここで疑問が出てきます。

それは幻界の魔法の力は現実世界でも自由に使えるのか。

実際使っているのだから使えることは使えるのでしょうが、何の制約もないのかは気になります。

ミツルが魔法を使ったのは要御扉がある大松ビルでの出来事です。つまり無制限に魔法を使えるわけではなくて幻界との接点である要御扉が近くにあったため幻界の魔法が使えたと考えることも出来るわけです。

幻界での力を現実世界で使用することに制約があるのか否か気になるところです。

 

まとめ

文庫で3冊と大長編冒険ファンタジーでしたが、最後までだれることなく読み切ることが出来ました。

ワタルの最後の願いも含むて展開はある程度予測できるものが多かったですが、それでも楽しむことが出来ました。

主人公が少年なので物理的な強さより精神的な強さにフォーカスされています。なので迫力ある戦闘シーンが多いわけではないのが管理人としては予想外と言えば予想外でしたが。

冒険ファンタジーを敬遠している方でも楽しく読める1冊だと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加