【小説】首折り男のための協奏曲|ネタバレ感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊坂作品の中で個人的にとても好きな作品。特に「僕の舟」

ゴールデンスランバーとトップを争います。

本作は7つの短編で構成されていますが伊坂作品らしくゆるやかに話がからみあっています。

管理人が大好きな「僕の舟」と「合コンの話」を中心にネタバレしていきます。

 

 

あらすじ

被害者は一瞬で首を捻られ、殺された。殺し屋の名は、首折り男。テレビ番組の報道を見て、隣人の“彼”が犯人ではないか、と疑う老夫婦。いじめに遭う中学生は“彼”に助けられ、幹事が欠席した合コンの席では首折り殺人が話題に上る。一方で泥棒・黒澤は恋路の調査に盗みの依頼と大忙し。二人の男を軸に物語は絡み、繋がり、やがて驚きへと至る!伊坂幸太郎の神髄、ここにあり。

 

ネタバレ

ここからネタバレしていきますので未読の方はご留意下さい。

 

首折り男の周辺

被害者の首を一瞬で捻って殺害する首折り男とその周辺で暮らす人の話。

 

・大藪
首折り男。殺し屋で依頼を受けたターゲットの首を折る。

・小笠原稔
大藪にそっくりの男。体格は大藪と同じように立派だがいじめられっ子体質で人から頼まれると断ることが出来ない気弱な性格。

・中島
いじめに悩む中学生。

・若林夫妻
隣のアパートに住む男が今噂の首折り男なのではと疑う夫婦。

 

この短編は若林夫妻の視点で語られる「疑う夫婦」、小笠原稔の視点で語られる「間違えられた男」、中島の視点で語られる「いじめられている少年」の3つで構成されている。

「疑う夫婦」では若林夫妻が隣のアパートに住む若い男が首折り男なのではと疑いこっそり調べる話。

「間違えられた男」では大藪が急にいなくなったために急きょ大藪にそっくりなだけで仕事を依頼された小笠原稔の話。

「いじめられている少年」は幽霊の存在を否定したがために友人からいじめられることになった少年の話。

視点は異なりますが3つの話はリンクしている。

最後当の大藪本人は原因不明の突然死をして幕を閉じるがそれ以外の周辺の人々は間接的だが大藪のおかげで悩みが解決するといった話。

 

濡れ衣の話

復讐の話。

 

・丸岡直樹

三年前、ある女に息子を車で撥ねられて亡くした男。

 

ひょんなことから自分の息子を撥ねた女に再会した丸岡。

女と話すうちに女は何一つ事故のことを反省していないと感じた丸岡は女を刺殺してしまう。

その現場に丁度居合わせたのが刑事を名乗る男。しかしこれは実は首折り男の大藪。

 

大藪は丸岡の話を聞いて丸岡を助けることにする。

具体的には死んだ女の首を折って自分の犯行に見せかけるのであった。

 

僕の舟

昔好きだった二人の男性のその後を探偵の黒澤に依頼する話。

 

・若林絵美
「首折り男の周辺」でも登場。現在は夫の若林順一ががんになったため看病をしている。
その看病生活の中であの時の好きだった人と結婚していたらどんな人生になっていたのかが気になり、黒澤に調査を依頼する。

 

・若林順一
がんになり闘病生活を送る。

 

・黒澤
探偵兼泥棒。若林絵美に昔好きだった相手のその後の調査を依頼される。

 

現在70歳近くの若林絵美は夫の順一と歩んできた人生に満足しているもののふとした拍子にあの時好きだった人と結婚していたら自分はどんな人生を歩んでいたのかと気になることがある。

そのもしもの相手は50年程前の20歳の時に銀座で出会い4日間だけ逢瀬を重ねた男性、もう一人は60年以上前に遊園地で一緒に迷子になったあの男の子。

 

黒澤はその二人の男が今はどのようになっているかしっかりと調査をし若林絵美に報告をしたがその結果は驚くべきものだった。

それは20歳の時に銀座で出会った男性も、子供の時に一緒に迷子になった少年もどちらも現在の夫若林順一だったのだ。

つまり絵美にとってもしもの話である20歳の時の銀座の男性との結婚も、子供の頃の遊園地の少年との結婚も、どちらと結婚しても今と同じだったのである。

その報告を黒澤から受けた絵美は嬉しいようながっかりなような気持といいながら微笑み涙を流すのであった。

 

人間らしく

人間らしく生きていない人たちに天罰が下る話。

一人は散々自分の両親の面倒を妻に見させた挙句、両親が亡くなったらすぐに好きな女が出来たからと離婚を切り出す男の話。浮気相手と旅行中に事故死する。

もう一人は塾で同級生をいじめていた少年が突然神隠しにあい大けがをする話。

 

月曜日から逃げろ

探偵兼泥棒の黒澤の話。

月曜日の章からスタートして火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日とページが進んでいく。

黒澤がテレビ局の人間に泥棒としての証拠を捕まれて危機一髪と思いきや実は時系列は実際のページの進み方とは逆で日曜日、土曜日、金曜日、木曜日、水曜日、火曜日、月曜日が本当の順番だったというオチ。

日曜日の章の次が土曜日なので一週間近く空いた次の土曜日だったということ。

 

相談役の話

山家清兵衛という昔の相談役の男の話。

伊達政宗は息子の秀宗の相談役として一番信頼が置ける山家清兵衛をつける。

清兵衛は仕事に真面目で優秀な男だったが周りの人間から疎まれて殺される。

その首謀者は当の秀宗だったと言われている。

その後秀宗とその周りの人間は山家清兵衛のたたりにあったかのようにみんな死んでいった。

 

時が流れた現代で同じような話があった。

社長の側近で専務の磯部という男が社長の息子の相談役として仕事をしていた。

しかし優秀で真面目であった磯部は周りの人間から疎まれており事故に見せかけて殺害されてしまった。

その後社長の息子の側近たちが次々に死亡していき、ついには社長の息子とも連絡がつかなくなった。

つまり社長の息子が磯部殺害の首謀者というお話。

 

 

合コンの話

タイトル通り。合コンの話。

 

・尾花弘
自らの誕生日に彼女が別の男と天才ピアニストのコンサートに出かけるのに腹を立てて井上主催の合コンに参加することにした。偶然合コンで再会した江川美鈴はかつての恋人。

 

・井上真樹夫
合コン大好き男。合コンで出会った女性と一夜を過ごすのが大好き。当初は井上、尾花、臼田で参加する予定だったが、井上はドタキャンし、代わりに代役として佐藤を派遣した。

 

・臼田章二
井上の合コン仲間。爽やか青年だが人の気持ちを読めないことが多く失敗が多い。

 

・佐藤亘
井上の代わりに合コンに急きょ登場した冴えない男性。

 

・江川美鈴
現在不倫をしていてメンタル的に傷ついている。かつての恋人の尾花と偶然合コンで再会する。

 

・加藤遥
雑貨屋を経営している清楚美人。実は友達が井上にひどい目に合わされており、井上に仕返しをするために合コンを企画した。しかし当の井上がドタキャンで来なくて途惑っている。

 

・木嶋法子
オーディションの合否連絡を待ちながら合コンに参加。

 

ポイントは下記。

・かつての恋人の尾花と美鈴が偶然合コンで再会。お互い初対面のふりをする。
両者とも少し大人っぽくなったなと感じているが素直になれない。
しかし最後に尾花は美鈴にかつての恋人に未練とかありますかと尋ねており、美鈴はあっても教えないと答えていることからその後この二人はうまくいった可能性あり。

・突然井上の代役で現れた冴えない男佐藤。
実はこの男こそ尾花の彼女がコンサートにいくはずだった天才ピアニスト。
偶然デパートのトイレで井上と出会った佐藤はひょんなことから意気投合し普通の生活がしてみたいと井上に懇願。
そして井上の代わりに合コンに参加。
ルックスが良くなく暗い性格のため女性陣から不人気扱いだった佐藤だが最後にみんなで帰る途中に楽器屋の前で足を止めてピアノを弾いたところで天才ピアニストだったと明らかになる。
演奏を聴いてみんなが感動する。

 

 

感想

いやー、「僕の舟」を最初に読んだときは泣きました。

ベタなんですけどこういう話本当に好きです。

もしこの人と結婚せずにあの時のあの人と結婚していたら自分の運命はどうなっていたんだろう。「僕の舟」に出てくる若林絵美だけでなく誰でも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

70歳近くになった若林絵美にとってそんなもしもが考えられる相手は二人。

一人は50年程前の20歳の時に銀座で出会った男性。

もう一人は60年以上前の子どもの時に遊園地で一緒に迷子になり仲良くなったあの男の子。

若林絵美は今の夫ではなくその時の二人と結婚していたら自分の人生はどうなっていたのだろう?と考えます。

それを知るには現在その二人がどうなっているかを調べるのが一番手っ取り早いということで探偵の黒澤に調査を依頼します。

調査結果は若林絵美にとって驚くべきもので50年程前の男性も60年以上前に遊園地で一緒に迷子になった男の子もどっちも今の夫だったのです。

この調査結果を黒澤から聞いた時に若林絵美は「まったく。嬉しいような、がっかりしたような、何とも言えない気分ね。わたしの大事な思い出が、夫に崩されたような。」と言いながら頬に涙を流します。

人はいくつかの選択肢があるから迷うし後悔もします。
若林絵美にとって大きな選択肢と言えるものは結婚で、その選択肢は今現在の夫と結婚する以外に60年以上前の初恋の男の子との結婚と、50年前の銀座で出会った男性との結婚がありました。

しかし実はそのどちらを選んでも今と同じ結果になるとわかったらどうでしょうか。

これは人によるのかもしれませんが管理人としては嬉しいと感じると思います。

自分が結婚したいと思える位好きな人が実は全員同じ人だったわけですからそれはもう運命としか呼べないレベルです。

人はこれしかないと決めると普段以上のパワーが出る生き物だと思います。

自分の相手はこの人しかいないとわかった若林絵美は夫の看病という大変な仕事も乗り越えて、最後まで順一に添い遂げてくれることでしょう。

何とも言えない素敵な話でした。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加