努力することの大切さを教えてくれる野球漫画キャプテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちばあきお先生の漫画「キャプテン」です。

たまあざらしはこの漫画を小学生のときに父親から教えてもらい貪るように全巻を読みました。

この漫画を通じて努力することの大切さを教わったので、今の自分があるのはこの漫画のおかげと言っても過言ではないです。

もしまだ読んだことがない人がいたらぜひ読んでほしい漫画です。

キャプテンはどんな漫画?

墨谷二中という中学校の野球部を舞台にした野球漫画です。

野球漫画と聞くと魔球や必殺打法等の必殺技が出てくるのかと思いますがそういった超人的な必殺技は一切出てきません。

淡々と中学生が練習をして試合をしてまた練習をするという感じです。
恋愛要素なんかも一切出てきません。
そもそもヒロインと呼べるキャラがいません。

練習と試合を繰り返すだけなんて面白いの?と思われるかもしれませんがこれが面白いんです!

 

あらすじ

「キャプテン」は谷口君が名門青葉学院から墨谷二中に転校してくるところから始まります(この時はたぶん中学2年生)。

谷口君は名門青葉学院では二軍の補欠で下手くそなのですが、墨谷二中のみんなに青葉学院のレギュラーと誤解されてしまいます。

またまぐれで練習中にホームランを打ってしまったことで更にとんでもない実力の持ち主と勘違いされてしまうのです。

谷口君はどうしたらいいか父親に相談しますが、「名門青葉学院のレギュラーと同じくらいうまくなればいい」と言われて父親と2人で通常の練習のあと深夜に影の猛特訓を始めます。

猛特訓の結果もあり谷口君は青葉のレギュラーに負けない位の実力者になります。

そして月日は流れて谷口君が新キャプテンに任命されて墨谷二中の快進撃が始まるのです。

 

キャプテンの見どころ

猛特訓のシーン

弱小高である墨谷二中が強くなるために猛特訓を行う。

文章にすると簡単ですが、猛特訓の必要性や成果も丁寧に描かれており、正しい努力をすれば結果が出ることを教えてくれます。

リーダーとしてチームを勝利に導く方法

弱小の墨谷二中を初代キャプテンである谷口君が強くします。

名門青葉学院と戦う前にチーム一丸となり猛特訓をするのですが、あまりにも過酷な特訓のためチームのメンバーから不満の声が出ます。

こんな猛特訓を続けていたら試合の前に怪我をしてしまう、もうやめるようキャプテンである谷口君に練習の後みんなで抗議をしに行くのですが、そこには自分たちよりもっと過酷な猛特訓を父親と2人でしている谷口君の姿があるのです。

それを見たメンバーは自分たちの態度を改めて積極的に猛特訓に挑んでいくようになります。

初代キャプテンである谷口君は言葉でなく自分の背中で引っ張るタイプのキャプテンです。

墨谷二中のキャプテンは谷口君→丸井→イガラシ→近藤と作中で代替わりしていくのですが、それぞれのキャプテンが墨谷二中をどのように引っ張っていくのは「キャプテン」の魅力の1つです。

 

 

本当に一度は読んでほしい漫画

昔に書かれた古い漫画ですが今読んでも本当に面白い漫画です。

努力することの大切さを教えてくれる、ぜひ自分の子供にも読んでほしい漫画です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加