小説

感想:夢を売る男『百田尚樹』

タイトルからはどんな話か想像が出来ませんでした。読んでみると「ああ、なるほど」といった感じ。出版業界の裏側を描いた本作はブラックな内容ですが、最後にほっこり出来るポイントがあるのはさすが百田さんだなと思います。

続きを読む

ネタバレ感想:輝く夜『百田尚樹』

クリスマス・イヴの日の心が温かくなるお話が5編収録されています。内容はベタです。しかしベタだからこそいいんです!

ちょっと最近元気がない方におススメしたい1冊。

続きを読む