ドラクエ5|花嫁にビアンカを選んでしまう理由を考える

ゲーム

ドラクエ5はストーリーが秀逸なことで有名ですが、その中でもメインイベントといえるのが花嫁選びです。

もともと花嫁候補はビアンカとフローラの二人ですがリメイクされたDS版ではフローラの姉のデボラも花嫁候補に追加されてよりプレイヤーを悩ませるシステムとなりました。

ドラクエ5をやりこみたいというプレイヤーなら通常2週目のプレイは、一回目のプレイで選択しなかった花嫁を選び、どんな人生になるのか見てみたくなると思います。

しかし管理人の場合どうしても花嫁選びでビアンカを選びたくなってしまいます。それが2週目以降であってもです。

ソフトパッケージ等に記載されている子供たちの髪の色が金髪であることから制作者側もビアンカを正規ルートと考えていることは明らかななのだと思いますが、ここでは改めてなぜ管理人も含めたプレイヤーがビアンカを花嫁に選びたくなってしまうのか考えてみたいと思います。

ビアンカを選びたくなる理由

とあるアンケートによると花嫁にビアンカを選択する割合は8割と圧倒的にフローラを上回っています。

上記のアンケートを見る限りプレイヤーがビアンカを選びたくなる理由がゲーム内にちりばめられているのは明らかです。

早速理由を見ていきましょう。

幼少期の思い出

外せない理由の一つです。

主人公とビアンカは幼少期にレヌール城にお化け退治の冒険を一緒にします。

ちなみにこの時の主人公の年齢は6歳、ビアンカは2歳年上の8歳です。

二人の年齢はゲーム内のビアンカの下記セリフで明らかになります。

『わたしは 8才だから あなたより 2つも おねえさんなのよ。』

スクウェア・エニックス『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』

このレヌール城へは主人公とビアンカの二人だけで夜に町を抜け出して向かいます。

子供だけで夜に抜け出して冒険をするというエピソードはプレイヤーの心に強烈なインパクトを残します。

特に比較となるフローラについて幼少期の思い出がほとんどない(リメイク版で幼少期にビスタ港ですれ違う程度)ためビアンカと二人で冒険に出たという子供の頃の二人だけの思い出というのがプレイヤーにとって大きくのしかかってくるのです。

またレヌール城の冒険以外にも主人公のパートナーとなるベビーパンサーを一緒に助けるという出来事も、フローラでなくビアンカを選びたくなる理由の一つでしょう。

フローラは主人公がいなくても大丈夫と感じる

重要なポイントその②です。

結婚相手に選ばなかった場合、その相手がその後どうなっていくのか。

例えばビアンカと結婚した場合、選ばなかったフローラは幼馴染のアンディと結婚して幸せに暮らしています。

フローラとアンディはお互いが思いあっているようなふしがあり、フローラは炎のリングを探して大やけどをしたアンディを献身的に看病する等、二人の仲が良好な様子がよくわかり、主人公がいなくても別に感があります。
※フローラはアンディは兄のような存在と一応言ってはいますが。

一方でビアンカは主人公と結婚しなかった場合、山奥の村に独身のまま父親のダンカンとひっそりと暮らすことになります。

フローラが気持ちを切り替えてアンディと結婚するのと異なりビアンカは主人公への思いを断ち切れない描写がありプレイヤーの胸を締め付けてきます。

またプロポーズ前夜の様子もポイントです。

フローラは特段緊張した様子もなくすやすやと眠っているのに対して、ビアンカは緊張のあまり眠れぬ夜を過ごしています。

さらに話しかけると下記のようなセリフでプレイヤーの心を惑わせてきます。

あら 主人公。なんだか 大変なことに なっちゃったわね。
でも 悩むことないわ。フローラさんと 結婚した方が いいに 決まってるじゃない。
私のことなら 心配しないで。 今までだって 1人で やって来たんだもの。
さあ 主人公は 疲れてるんだから もう 眠った方がいいわよ。
私は もう少し ここで 夜風に あたってるわ。
なんだか 眠れなくて・・・・。

スクウェア・エニックス『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』

このセリフによりプレイヤーたちが俺がビアンカを選ぶしかないと考えさせられるのでしょう。

石化により同い年になることに運命を感じる

ご存知の通り主人公と花嫁はゲマにより長い間石化されます。

石化が解ける順番としては主人公がまず子供たち+サンチョによって解放されて、その後冒険を経て大神殿でイブールを倒して花嫁の石化が解けます。

主人公の石化が解けてから花嫁の石化が解けるまでの期間は何年なのでしょうか。

答えは2年間です。

根拠としてはゲーム内の下記メッセージでわかります。

・主人公石化解放後のオジロンのセリフ

まあ 8年ものあいだ   石に なっていたのでは   無理も ないかもしれんが……。

スクウェア・エニックス『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』より

・花嫁石化解放後のゲーム内のテロップ

10年の年月をへて 今 まさに ビアンカが よみがえった!

スクウェア・エニックス『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』より

主人公と花嫁は同時に石化されたので、主人公は石化されてから8年後に、花嫁は石化されてから10年後に石化が解けたことがわかります。

感の良い方ならお気づきだと思うのですが、石化されている間は肉体的に年をとらないと考えられるので、この2年の間に主人公と主人公の2歳年上であるビアンカの実質的な年齢差が埋まり二人が同い年ということになるのです。

管理人はこのことを知って運命を感じよりビアンカしか選べなくなってしまいました(笑)

なおフローラについてはゲーム内で年齢が明記されていないのですが、小説版では主人公と同じ年ということになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フローラを選択したほうがイオナズンやベホイミを覚えるといった戦闘面でのメリット、ルドマンからみずのはごろもやしんぴのよろいをもらえるといった装備面でのメリットがあることはわかっているのですが、上記の理由からどうしてもビアンカを選びたくなってしまいます。

まぁフローラはフローラで結婚するといいところがたくさんあるのですがね(笑)

いや、今回の記事も熱を込めて楽しく書けました。

ドラクエってプレイしなくても楽しめるのだから本当に傑作だと思います。

<次のオススメ記事>
ドラクエ4|絶妙なキャラバランスと最強パーティーについて語る



タイトルとURLをコピーしました