【しばりプレイ】ドラクエ11s|すべての敵がつよいをプレイした感想2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラクエ11sで追加されたしばりプレイ「全ての敵が強い」の感想記事パート2です。

 

しばりプレイ「すべての敵が強い」の感想

ドラクエ11sの追加要素である「全ての敵が強い」のしばりプレイ。

前回の記事では裏ボスであるニズゼルファまで倒したことを報告しました。

今回はそれ以後の記事です。

感想記事パート1

 

あと残されたボスは追憶の神殿に登場する敵と、スイッチ版で追加された真の裏ボスである「失われし時の災厄」と「失われし時の怨念」です。

あとはボスではないですがドゥルダの大修練場に追加された「裏の試練」もクリアしたいところです。

それでは管理人の基本戦術について説明した後、ボスの撃破状況について語りたいと思います。

 

基本戦術

管理人の基本戦術です。

まず先発メンバーは基本的に主人公、マルティナ、シルビア、ベロニカです。

役割分担は下記です。

・攻撃役

ベロニカ:イオグランデ

マルティナ:ばくれつきゃく

 

・回復役

主人公:ベホマズン

 

・サポート

シルビア:レディファースト

 

「過ぎ去りし時の祭壇」ボスは複数で登場するので一気に全体ダメージを与えられるベロニカのイオグランデは超有効です。

また複数で登場するボスの内、先に倒したいボスに対しては個別にマルティナのばくれつきゃくをお見舞いします。

シルビアは基本的にひたすらレディファーストでHPがやばい時にハッスルダンスです。

シルビアがレディファーストを使うことによってベロニカが1ターン目から「魔力かくせい」→「イオグランデ」のコンボが可能になります。

主人公はほぼベホマズンです。

すばやさ的にボスの攻撃を受けてからベホマズンが出来るのでターン開始時に全回復状態になります。

順番が狂ってしまいターン開始時のHPが危ないときは「ほしふる腕輪」を装備してすばやさをあげた上でベホマズンを唱えます。

この戦術で基本は行けるのでですがボスの状態異常攻撃によって先発メンバーがやられることは多々あるのでその時は控えメンバーの出番です。

特にセーニャとグレイグは起死回生のメガザルが使えるのでパーティーが全滅の危機にあっても形勢を立て直すことが出来ます。

セーニャとグレイグで合計2回メガザルを使えるのは非常に大きいです。

特にセーニャはベホマズンが使えるので先発メンバーがピンチの時にはマルティナあたりと交代してベホマズンを唱えてもらうことも役割としてあります。

カミュは攻撃役として優れていることは間違いないのですが、「分身」「バイキルト」などおぜん立てが必要で「すべての敵が強い」というしばりがあると敵が強すぎておぜん立てしているうちにやられることが多いのでシルビアからレディファーストで行動をもらえるベロニカを攻撃役にしています。
とはいえ先発メンバーがやられたらグレイグかセーニャがメガザルを唱えるまでは「会心必中」などでダメージを与えてもらう役割はあります。

ロウは全体攻撃の最大火力がマヒャデドスなのでどうしてもベロニカのイオグランデより劣ってしまいます。回復もベホマズンを使えない点で主人公やセーニャよりも劣ってしまうので色々出来るかわりに強みがないキャラになってしまった印象です。

どうしても出さざるを得ないときはマヒャデドスでダメージを少しでも与えてもらいます。

 

過ぎ去りし時の祭壇のボス

過ぎ去りし時の祭壇のボス攻略です。

ちなみにこの時点で全員レベル99、最強武具を装備です。

アクセサリーは基本的に各人に2個ずつスーパーリング3を装備させています。先行ベホマズンを唱えたいときのみほしふる腕輪に切り替えます。

たねは自然に手に入るものは使用していますが意図的に集めてはいない状況です。

追憶の神殿1層

シドードラゴン

りゅうおうもどき

ゾーマズレディ

ここは正直苦戦することはないです。ベロニカの覚醒後のイオグランデとマルティナのばくれつきゃくで余裕で葬ることができます。

 

追憶の神殿2層

ミルドロプス

ピサロバーン

セルゲイムーア

ここも苦戦することはないでしょう。ただ眠りに対する耐性がないと苦戦するのでスーパーリング3×2個を必ず装備しておきましょう。

 

追憶の神殿3層(1戦目)

モンス・デミーラ

ラプソンフープ

最大の難関です。何度全滅したかわかりません。

ラプソンフープが超強力で魅了攻撃でパーティーの体制を崩されてマダンテでとどめをさされるというので何度全滅したことか。。

スーパーリングはほとんどの状態異常を防いでくれる超優秀なアクセサリーですが魅了は防げません。

とはいえスーパーリングを外して魅了に優先した対策をしても完璧に防げないし、モンス・デミーラの「棘を放つ」は混乱、麻痺、もうどくにする効果があるのでやはりスーパーリングは外せません。

よって対抗策はひたすら魅了されないことを祈る!もし魅了されたらシルビアのツッコミで治す!という方法しかありません。

こればかりは運です。

管理人は10回近く全滅しましたがベロニカが運よくやられずに魔力かくせいイオグランデを打ち込みまくれたことで撃破することが出来ました。

 

追憶の神殿3層(2戦目)

メガトンギオス

ネルゲルデーモン

連戦です。

しかし1戦目に比べたらはるかに楽です。注意すべきことは連戦なので1戦目が終わる前にMPを消耗しているであろうベロニカや主人公、セーニャのMPを回復して戦闘に入ることくらいです。

問題なく撃破出来る相手です。

 

時の破壊者

時の破壊者

これも追憶の神殿3層(1戦目)を攻略出来たなら余裕です。

注意するのは「異次元のきり」は状態異常を引き起こしてきますのでスーパーリング3を忘れずに装備することくらいでしょう。

楽勝です。

 

真の裏ボス

現状倒せていません。

 

ドゥルダの大修練場の裏試練

現状クリアできていません。

 

感想

ラプソーンフープの魅了&マダンテにやられまくりましたがようやく時の破壊者までは攻略出来ました。

しかし真の裏ボス&裏試練は今のところ攻略できる気配なしです。

出来る限りしたくないと思っていたたねによるドーピングも考えなければいけなそうです。。

とりあえずHPが圧倒的に足りていないので全員999になるまで命のたね集めようか思案中です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加